ゆきぽよがライザップ挑戦前に実践していた自己流ダイエットとは?

拡大画像を見る

“ゆきぽよ”の愛称で知られるモデル・タレントの木村有希が、みずからのYouTubeチャンネル「ゆきぽよTV!」の中で、派手な演出とBGMでお馴染みのCM、RIZAP(ライザップ)のトレーニングを始めたと明かし、ビフォー撮影の模様が一部公開された。

 1月6日に〈【ゆきぽよ激太り】たるみ初公開 ガチダイエットに挑戦開始!!!〉とタイトルをつけた投稿回がそれで、太り始めは昨年コロナ自粛が始まった4月ころからで、お気に入りのデニムがお尻のあたりでビリリと破けたといった衝撃的エピソードを打ち明けている。

 確かに、肌見せ度高めの衣装を着たゆきぽよのウエストは、これまで見たことがはいほどのたるみ具合、一方で胸の渓谷はより深くなった印象が…。

 2カ月で7キロ痩せを公約に、「2カ月後に違う身体で会いましょう!」とスタッフに元気に挨拶し、スタジオを後にしたゆきぽよ。思えば…同チャンネルの昨年7月14日投稿〈【質問コーナー】なんでも答えちゃうよ?【ゆきぽよ】〉の中で、ゆきぽよは「毎日、裸ん坊で全身鏡の前に立つと結構意識できる。ここ(腰まわり)ついてきたなってのがわかるから、なんとな~く、無意識に気をつけてる」と、自己流のダイエット法について言及していたのだ。

 もっとも、「維持できてるか、できてないかわからないけど、美意識結構低いから…」とも加えていることから、かなりアバウトなダイエット法だったようだが、今回はCMがかかっている以上、やり遂げないわけにはいかないだろう。

 2カ月後には、スリムになって魅力を増したゆきぽよの姿に期待したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 1/17 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます