坂本勇人が振り返った“日本シリーズ惨敗”愕然のベンチ裏「胸中」

拡大画像を見る

 昨年、セ・リーグ連覇を達成し、自身も右打者として最年少となる2000本安打をマークした巨人の坂本勇人。これで終われば最高の年になっただろうが、日本シリーズではソフトバンクに力の差を見せつけられ、2年連続で勝ち星を1つも上げることなく敗退した。チームのキャプテンを任される坂本の立場を考えれば、さぞや忸怩たる思いが残ったことだろう。

 その坂本が、元プロ野球選手、森本稀哲のYouTubeチャンネル「ひちょりズム」に出演。話は日本シリーズの敗戦に及び、思いのたけを明かした。

 1月8日に〈坂本勇人選手本人が語る2000本安打達成と日本シリーズの裏側!ひちょりズム森本稀哲が切り込む!〉とタイトルをつけた投稿回がそれだ。

 ソフトバンクの印象について森本から問われると、

「ピッチャーの質の高さをもろに感じましたね。やっぱキツイっすね、あの球をその日の3打席で何とかしなきゃいけないってのが」

と正直に圧倒されていたことを明かした坂本。

 さらに、質の高いパ・リーグのバッターでも、なかなかソフトバンク投手陣を攻略できない現実にも触れながら、「ああいうピッチャーを常に想定しながらペナントレースをしなきゃいけないって凄く思いました。スイングのスピードだったりが強くならないと、ずっと打てないままだなと感じました」と課題も見つけた様子で、次戦に期待が持たれる発言もあり、ファンも一安心といったところだろうか…。

 この回では他にも、残り2本に迫るまではシーズンに入っても2000本安打のプレッシャーは感じなかったなど、芯の太さを感じさせる発言もあり、2020年の坂本を振り返る興味深い内容となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 1/17 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます