浜村淳、検査入院で47年目のラジオを初の欠席 定期健診で脳に小さい血の塊

拡大画像を見る

 タレントの浜村淳(86)が、1974年からパーソナリティーを務めているMBSラジオ「ありがとう浜村淳です」(月~土曜、前8・00)を14日、休演した。

 同局によると、13日の番組後の定期健診で脳の血管にごく小さい詰まりが発見され、検査入院となったという。大雪による“遅刻”はあるというが、体調面での休演は47年目で初という。

 所属事務所によると、手術の必要はなく、投薬治療をするという。浜村自身は元気で、この日も出演したがっていたという。同局によると、大事をとって15日も休演し、16日は電話出演を予定。18日から通常通りの出演を予定しているとした。

関連リンク

  • 1/14 22:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます