【船橋・チバテレ盃】日本ダービー3着馬コズミックフォースが準重賞制覇! 移籍後初勝利を挙げる

拡大画像を見る

 14日、船橋競馬場で行われたチバテレ盃(4歳上・準重賞・ダ1700m・1着賞金600万円)は、好位から進めて直線入り口で前を射程圏に入れた笹川翼騎手騎乗の1番人気コズミックフォース(牡6、大井・藤田輝信厩舎)が脚を伸ばし、最後は粘る2番人気リンゾウチャネル(牡5、船橋・矢野義幸厩舎)に1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分48秒0(良)。

 3馬身差の3着には6番人気ハセノパイロ(牡6、大井・堀千亜樹厩舎)が入った。3番人気ブレスジャーニー(牡7、大井・橋本和馬厩舎)は11着。

 コズミックフォースは父キングカメハメハ、母ミクロコスモス、その父ネオユニヴァースという血統。JRA所属時代には2018年のプリンシパルSを制し、続く日本ダービーで3着となった。前走の移籍初戦・麻生オープンで2着となり、今回準重賞で地方初勝利となった。

関連リンク

  • 1/14 19:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます