【次走】無敗の2歳王者ダノンザキッドは弥生賞か若葉Sから始動

拡大画像を見る

 昨年12月26日に行われたホープフルS(GI)を制したダノンザキッド(牡3、栗東・安田隆行厩舎)は、3月7日に中山競馬場で行われる弥生賞ディープインパクト記念(3歳・GII・芝2000m)か、3月20日に阪神競馬場で行われる若葉S(3歳・リステッド・芝2000m)へ向かうことがわかった。

 ダノンザキッドは父ジャスタウェイ、母エピックラヴ、その父Dansiliという血統。

 2020年6月の新馬戦を持ったまま3馬身差で圧勝。その後、東京スポーツ杯2歳S(GIII)を勝利し、重賞初制覇を果たす。続く年末のホープフルSも3連勝で制し、JRA最優秀2歳牡馬に選ばれている。通算成績は3戦3勝。



【関連記事】




  • 1/14 18:10
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます