順位変動! サブスク動画ランキング 意外にも「アダルティ動画」が多い“あそこ”が強かった!

画像はイメージです

コロナの再流行による「緊急事態宣言」が発令されて、今年も〝ステイホーム〟が求められそうです。というか、前回に比べて緊迫感が薄いような印象なんですけど、慣れって怖いなと思いました。

とはいえ、これからしばらく気軽に外出することはできなくなりそうで、また〝おうち時間〟なるものが増えていくことは確実。ということで、今回は自宅エンタメの王道でもある「サブスク動画」についておさらいしてみましょう。

「すごい家電」ベスト3 10万円以下の4Kテレビがとにかくスゴイ! 奥さん『鬼滅の刃』ばかりに夢中で見落としているものありませんか? | TABLO

まず、国内のサブスクサービスの利用状況はどんな感じなのでしょうか。

2020年5月にユーザー参加型のランキングコミュニティ「みんなのランキング」が「動画配信サービス(VOD)」の調査を発表していて、最も契約している人が多かったのは「Amazon Prime Video」でした。

アマプラは動画のほかに、音楽配信やAmazonの配送得点など多彩なサービスを複合的に利用できることもあって、とりあえず契約しているという人も多いのでしょう。それに続くのが世界で2億人近い会員数を持っているNETFLIX。そして、3位がU-NEXT、4位がHulu、5位がdTVとメジャーなサブスクが上位を独占していました。

それでは、国内で人気のサブスクサービス5つの特徴について紹介していきます。

■「Amazon Prime Video」

[月額料金]500円(※年額4900円)

[作品数]非公開

[お試し無料期間]30日間

Amazonの動画配信サービス。Prime会員なら追加料金なしで楽しめて、音楽配信や配送無料などの多彩な特典を併用できるのも魅力です。作品数は非公開ですが、ほかのサブスクに比べると少なめの印象。松本人志の『ドキュメンタル』や恋愛番組『バチェラー・ジャパン』などのオリジナル作品が人気です。

関連記事:コロナで増える、預金額 1031兆円超え そこに目を付けた金利200倍の銀行が話題に | TABLO

 

■「NETFLIX」

[月額料金]ベーシック:880円/スタンダード:1320円/プレミアム:1980円

[作品数]非公開

[お試し無料期間]なし

会員数1億9515万人(※2020年7~9月期)という世界最大手のVODサービス。作品数は非公開ですが、最新作からオリジナル作品まで充実していて、多彩なコンテンツを楽しめます。ほかのサブスクよりも国内ドラマは弱い印象なので、そこは注意が必要かも。

 

■「U-NEXT」

[月額料金]2189円

[作品数]21万本

[お試し無料期間]31日間

アマプラやネトフリに比べるといま一つメジャー感は少ないかもしれませんが、作品数はダントツの21万本。作品ジャンルについても、最新映画や国内・海外ドラマ、アニメはかなり充実していると思います。ネックは月額料金が高めなのと、オリジナル作品が弱いこと。ただ、家族でいろんな作品を楽しむならココがオススメです。あと、アダルティな作品が一番充実しているのもココだったりしますよ。

■「Hulu」

[月額料金]1026円

[作品数]7万本

[お試し無料期間]2週間

アメリカの配信サービスですが、国内の「Hulu Japan」は日本テレビ出資ということもあって、日テレ系のテレビ番組が充実しています。あと、海外ドラマについては配信がスピーディーで、人気作をほぼリアルタイムで視聴できるのもメリット。オリジナル作品もそこそこ充実しています。

 

■「dTV」

[月額料金]550円

[作品数]12万本

[お試し無料期間]31日間

あくまで個人的な印象ですが、「コレが強い!」というアピールポイントがないような気が…。どの作品ジャンルもそれなりに配信されていて、オリジナル作品もきちんと制作されています。ただ、月額550円で見放題作品が12万本と豊富なので、「これで十分じゃね?」という層には刺さるのではないでしょうか。

おすすめ記事:50インチテレビが6万円以下 もう文句も出ない…性能とコスパ最強の大画面テレビ業界革命 中華製品の革を被った「東芝レグザ」 | TABLO

 

 

人気のサブスクサービス5つを紹介してきましたが、気になるはあったでしょうか。カンタンな特徴を一覧表にまとめてみましたので、そちらもご参考にしてみてください。また、このほかにも、ディズニーのアニメや映画作品が充実する「Disney DELUXE」、国内外のスポーツ番組を配信する「DAZN」など、サブスクサービスは個性豊かです。これからの〝おうち時間〟を楽しく過ごすため、自分にあったサブスクを探してみてはいかがでしょうか?(取材・文◎百園雷太)

関連リンク

  • 1/14 13:30
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます