立ち往生に巻き込まれた『シャトレーゼ』のトラック 社長の判断に称賛の声

拡大画像を見る

2021年1月9日から大雪により福井県で発生した、北陸道の立ち往生。一時、千台以上の車が立ち往生に巻き込まれました。

自衛隊などの作業によって、同月11日にすべて解消しています。

身動きが取れない中、ドライバーたちの間では助け合いの輪が広がっていました。

立ち往生のドライバーにカツ丼の店主が無料で? その行動に称賛の声が相次ぐ

「涙出そう」 雪で立ち往生している中、トラック運転手からもらったのは…?

立ち往生での2度目の支援

この立ち往生には、菓子製造販売メーカーの『シャトレーゼ』の配送トラックも巻き込まれたといいます。

産経ニュースによると、シャトレーゼの荷物を運んでいたトラック運転手は、周囲にいるドライバーが食糧不足に困っていることに気付き、積み荷に入ったお菓子を配るべく本社に連絡。

その後、社長の指示を得て、周囲に積み荷を配ったといいます。

シャトレーゼによると、トラックは8日に山梨県を出発。中央道を経由して石川県に配送した後、9日昼ごろに北陸道で福井県に向かったが、女形谷(おながたに)パーキングエリア(坂井市)の約3キロ手前で立ち往生した。

ドライバーは「配送は困難。周囲では食料が足りない」と本社に連絡。10日夜、古屋勇治社長の指示で積み荷を配った。広報担当者は「少しばかりだが、役に立ててよかった」と話している。

産経ニュース ーより引用

実は、シャトレーゼは、2014年の2月に大雪で山梨県が一時的に孤立状態になった際も、中央道で同様の対応をとっていたそうです。

ネット上では、「当事者ではないけど感謝」「シャトレーゼのケーキを買いに行く」「もっと好きになった!」などの声が上がっていました。

トラック運転手とシャトレーゼ社長の柔軟な対応により、その場をしのぐことができたでしょう。すぐに、周りを助けられる行動に頭が下がりますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 産経ニュース

関連リンク

  • 1/14 11:28
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます