DAIGOが明かした「2人の元首相」からもらった“お年玉の差”が話題!

拡大画像を見る

 タレントのDAIGOが1月10日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)の未公開シーン集に登場し、超大物政治家から受け取ったお年玉の金額を明かしている。

 司会のくりぃむしちゅー・上田晋也が、竹下登元首相の孫として知られるDAIGOに対し、「皆が知ってる政治家で、あの人からお年玉もらったとかある?」と質問。これにDAIGOは「それも運なんですよね。その方が来られる時に僕がいるかどうかも分からないから」と答え、中でも最も印象に残っている出来事して、元首相・小渕恵三氏からのお年玉を挙げた。

 DAIGOが中学生だった頃のエピソード。「小渕さん、後に総理大臣になられるんですけど、開けてみたら5万円入ってた」と具体的な金額も打ち明け、「祖父が1万円だったので、おじいちゃん超え」と大喜び。続けて、「僕の中で小渕さんの支持率爆上げして」と5万円のお年玉により完全に小渕氏にハートを鷲掴みにされてしまったようだ。

「元総理大臣の孫という華麗なる家系に生まれ、さぞかし大金の入ったお年玉を貰っていたのかと思いきや、竹下登氏からのお年玉は1万円という常識的な金額でした。これについて、ネットでは中学生に1万円は贅沢との意見がある一方で、大半は『案外少なくてびっくり』『元総理が1万円というのは良識を感じさせる金額。庶民の感覚から大きく乖離していないところがいいね』などと評されています。たまに運良く受け取ることができた5万円のお年玉を“おじいちゃん超え”と喜び、42歳になった今も最も印象的なエピソードとして嬉しそうに話すDAIGOを見ると、彼の好感度が高い理由が分かりますね」(芸能ライター)

“超ボンボン”でありながら嫌味がなく、デビュー以来、大衆から好かれ続けてきたDAIGO。その万人受けする人間性のルーツは常識的な教育の賜物であることが、お年玉の金額からも窺えるのではないだろうか。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 1/14 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

11
  • トリトン

    1/16 9:37

    いちさん良い両親ですね。俺の弟なんか俺の両親の孫のために長いこと貯金した金を自分の子供に使わずにトラックの飾りに使いきりましたからねそれから別口で車の免許の金を出せと言ってたからな。まあいろいろな親がいるのは確かだね。40、50歳のニートの時代だもんな令和はね。

  • いち(

    1/16 9:26

    うちはお年玉は使っていいのは5000円だけ、後は親が管理するもの。という考えでしたね。きっちり貯金してくれていましたよ。免許取る時や、バイクや車を買う時に非常に助かりました。お年玉、全額自由に使っていいものとは思っていませんでしたね。

  • 猫魔天狗

    1/16 9:07

    トリトンさんピンポーン♪後、日本語の読解力、語彙力の無さが半端ない!

記事の無断転載を禁じます