歌舞伎町ルポ 飲食店・キャバクラは全面降伏 遊びたい若者たちは『居酒屋難民』に

筆者撮影

これが本当に歌舞伎町なのか

1月8日、首都圏一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)に緊急事態宣言が発出された。報道等でご承知の通り、主として飲食店をターゲットにし、夜8時(酒類の提供は7時まで)の時短を要請した。そして、当日の夜8時……街はどのように反応したのか? 日本一の歓楽街・新宿歌舞伎町の“その時”をルポした。

迷惑系YouTuberたちへ あなたたちは裏社会の本当の怖さを知らない 生きて帰れただけで幸せ者|久田将義 | TABLO

筆者がまず思ったのは、意外に人が多い、ということだった。そしてそのほとんどが、若者たち。そして少数の観光客らしき外国人だ。通常・歌舞伎町の主たる客層であるサラリーマンらしき集団は、ほとんどみかけなかった。このあたりに、現在、コロナ禍に対する世代間価値観の違いを感じないではない。

もっとも、8時を前に続々と閉店する歌舞伎町を見て、「なにこれ! ホントに新宿? 真っ暗じゃん!」と“リアル”に驚いている若い女性3人組もいた。こうなると、世代間格差意外に、ある種の情報格差(情報関心)もあるのかもしれない。

なかには「強者」たちもいて、若い二人組の男性はウロウロしたあげく、声をかけられた客引きに「キャバクラ行きたいんですけど、どこかありませんか?」と聞く始末。客引きのほうは、「キャバクラですかぁ、ちょっと待ってください。確認します」と言って携帯で連絡をとり、若者たちを導いていた。

言うまでもなく、歌舞伎町の客引きはほぼ100%ぼったくりであり、彼らに悲劇が待ち受けていることは想像に難くない。

関連記事:歌舞伎町で今「幽霊が出る!」と話題 コロナで滅多打ちにされた街で風俗嬢たちが感じている「恐怖」とは | TABLO

現在、歌舞伎町では大手キャバクラチェーンが緊急事態宣言を受けて休業を告知するなど、その影響は接待を含む飲食店(風営法許可店)にも波及している。客引きの言動は、そのなかでも「闇キャバ」的な店が存在することを示唆している(もちろん、優良店で休業しないところもあるだろうが)。

一方、要請を受けた店側はというと、これはほぼ「全面降伏」に近い状態で、中心部では8~9割の店舗が夜8時を持って店じまいをしていた。そのなかで、一部の居酒屋などが要請に従わず営業を続けている形だ。もちろん、それぞれ背に腹は代えられぬ事情があるワケで、ことさら非難される筋合いはないだろう。

もっとも、そのおかげで多くの若者たちが、“居酒屋(飲食店)難民”となり、開いてる店を求めて街をさまようことになったのは事実だ。そんな状態だけに、僅かに開いている店舗は概ね、満席。活況を呈していたのである。これはある程度、想像されたことであり、店舗側も十分な対策をとっているハズだ。おそらく、この状態はしばらく続くと思われる。

総じて筆者がルポして見えたのは、飲食店側は出来ることはほとんどやりきった、という感じだ。あとは、客側の判断・行動に尽きるのではないか。いずれにしても、一都三県で始まった緊急事態宣言は関西、そして中京圏でも発出される見込みだ。2月7日に開ける予定の宣言の結果は、果たして吉と出るか凶と出るのか。(文◎堂本清太)

あわせて読む:コロナ禍で焼き鳥屋店主から松屋へ転職 同情するのか励ましていいのか問題 「上から目線」「他人事目線」絶対ダメ おすすめは「ゴールデン街目線」 | TABLO

関連リンク

  • 1/14 5:40
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます