ハネムーン中の男性に“笑いの神”が降臨 プールでの視覚イリュージョン(バルバドス)

拡大画像を見る

米ニューヨーク州ブルックリンで事務職員として働くマイカ・ウォレスさん(Micah Wallace、30)とその妻サラさん(Sarah、32)は、ハネムーンでバルバドスのリゾート施設「Sandals Royal Barbados」を訪れていた。

施設内のプールにやってきた夫妻は、マイカさんがプールの中で、サラさんはプールサイドでそれぞれ過ごしていた。マイカさんは「プールに入っている時、サラが『頭と身体がばらばらになってる』と言って笑っていたので、何かパフォーマンスした方がいいかと思ったんだ」と当時の様子を明かした。

サラさんが笑いながら撮影した動画には、外壁がガラスでできたプールに浸かるマイカさんが映っている。しかしマイカさんは水面にある頭と水中にある身体が離れてしまっているのだ。少しズレているというレベルではなく、一瞬見ただけでは何が起きているのか分からないほどだ。

サラさんがアングルを変えるためにマイカさんの前に移動すると、頭と身体がしっかりと繋がっていることが分かる。マイカさんがガニ股でロボットダンスする様子が面白みを増している。

この現象は中学の理科で学ぶ、光の反射と屈折が関係してくる。教科書に載っていた水の入ったガラスコップにストローをさした写真を見れば思い出す人もいるだろう。今回はガラスのプールに水、そして見る角度など様々な条件が重なり、マイカさんの頭と身体がマジックショーのように切り離されてしまったようだ。

マイカさんが今月2日にこの時の様子をTikTokに投稿すると、ユーザーから「私、酔っぱらっていないよね?」「科学的なことでこうなっているのは分かるけど、混乱しちゃうよ」「これはすごい! どうやって撮ってるの?」といったコメントとともに、120万件を超える「いいね」が寄せられた。

プールから出て動画を確認したというマイカさんは「外から見ると自分がこんな風に見えていたなんて信じられなかったよ」と驚いたそうで、投稿した動画も「ここまでたくさんの反応があるとは思っていなかったね」と語っている。

画像は『themicahwallace 2021年1月2日付TikTok「Reunited at last #fyp #foryoupage #Welcome2021 #barbados #comedy #headless #pool」』『LADbible 2021年1月11日付「Man’s Head Appears To Be Detached From Body In Weird Optical Illusion」(Credit: Jam Press)』『Rookie Parenting 2020年5月15日付「2 Light Refraction Experiments」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 1/14 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます