アトレティコ、リヨンFWムサ・デンベレを獲得!…今季終了までの半年レンタル

拡大画像を見る

 アトレティコ・マドリードは13日、リヨンのフランス人FWムサ・デンベレを今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 リヨンの発表によると、レンタル料は150万ユーロ(約1億9000万円)で、買い取りオプション付き。オプションの行使には移籍金3350万ユーロ(約42億3000万円)に加え、最大500万ユーロ(約6億3000万円)のインセンティブと将来の移籍で発生する移籍金の10パーセントをリヨンに支払う必要があるという。

 現在24歳のデンベレは、パリ・サンジェルマンの下部組織やフルアム、セルティックを経て、2018年夏にリヨンへ加入した。昨季のチャンピオンズリーグ準決勝進出に貢献したが、今季は新加入のジンバブエ代表FWティノ・カデウェアが活躍していることもあり、チーム内での序列が低下。リーグ・アンでは16試合に出場しているものの、先発は6試合のみで、わずか1ゴールにとどまっていた。

 アトレティコ・マドリードは昨年12月に元スペイン代表FWジエゴ・コスタが契約解除で退団。その後釜候補には、ナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク、レアル・ソシエダのブラジル人FWウィリアン・ジョゼなども挙がっていたが、最終的にデンベレの獲得で決着した。

関連リンク

  • 1/14 2:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます