誘って欲しいな…♡女性が見せる「持ち帰ってサイン」4つ

「この人と一晩過ごしたい」。
そう感じることが女性にもあります。

女性がそう思ったタイミングでお誘いをすれば、お持ち帰り成功率は格段にアップしますよ。
では、女性が見せる「持ち帰ってサイン」とはどのようなものなのか、チェックしていきましょう。

(1)終電を気にしていない



自宅に帰りたいなら、終電が気になるものですよね。
それを気にしていないということは、近くのホテルや男性の家でのお泊まりもOKというサインになります。

深夜を回っているのにもう1軒と誘ってくるなら、ますますその可能性は濃厚です。
中にはわざと終電を逃すという女性もいるので、見逃さないようにしましょう。

(2)「眠くなっちゃった」と寄りかかる



デートの終盤、眠そうな様子を見せられたらお持ち帰りOKのサインかも。
その上、寄りかかってくるようなら、女性から誘われていると思っていいでしょう。

「添い寝しようか?」なんて提案したら、恥ずかしがりつつも承諾してくれるかもしれませんよ。

(3)無言で密着する



沈黙も立派なサインとなります。
無言になることで、ロマンティックなムードが高まると知っている女性は、あえて無言で擦り寄ってくるかも。

そんなサインを出されたら、焦りを見せず「移動しようか?」と提案すると頷いてもらえるはず。

(4)定番の「帰りたくないな」



「帰りたくないな」と女性に言わせることは、男の夢でもあるでしょう。
ストレートに言われたのなら、断られる理由もありません。

ここは堂々と「じゃあ今日は一緒にいよう」と提案してみてください。
喜んでOKしてもらえることでしょう。


女性の「持ち帰ってサイン」は、意外にも分かりやすいものが多いのではないでしょうか?
そういったサインを見せられてもがっつかず、大人の余裕を見せた対応を心がけてみてくださいね。

落ち着いて対応することで、「この人に身を委ねたい」という女性の思いは、ますます高まっていくはずですよ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 1/13 23:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます