綿引勝彦さん死去 妻で女優の樫山文枝「最期は『投了すると伝えてくれ』と」【全文】

拡大画像を見る

 俳優・綿引勝彦さんが昨年12月30日、膵臓がんのため亡くなった。75歳。所属事務所が13日、報道各社に書面で発表した。葬儀は近親者のみで執り行い、喪主は妻で女優・樫山文枝(79)が務めた。

 この日、樫山が発表したコメント全文は次の通り。

 「足かけ三年の療養でしたが、『どなたにも病気のことは、言わないでほしい』と本人の強い意志で突然の報告となったことをお詫びいたします。

 家と信州の山小屋で息抜きしながら花を植えたり好きな将棋をしながら過ごしてまいりました。きちんと身の回りの整理をしながら、先生にも『よく頑張っていらっしゃいます』とほめていただく程見事でした。夢うつつの中で、将棋を指していたのでしょうか、『投了すると伝えてくれ』とつぶやいたのですが、これで人生を投了するということでもあったのでしょうか。最期は眠るように逝きました。

 どうしてこうなったのかと嘆いたりもしましたが、仕方ないよとなぐさめあいながら、とくにこの一年はふたりで寄り添えたのが幸せでした。

 お世話になりました皆さまに厚く御礼申し上げます」

二〇二一年一月十二日

      樫山文枝

関連リンク

  • 1/13 15:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ゴンザ

    1/13 18:12

    心よりご冥福をお祈りします

記事の無断転載を禁じます