NiziU快進撃の裏でJ.Y. Parkに大ブーイング! 事務所の功労者GOT7を切り捨てか?

拡大画像を見る

 NiziUやTWICEの快進撃で注目を集める韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントと、その創業者で彼女たちのプロデューサーでもあるJ.Y. Park。特に日本ではNiziUを生んだオーディションプロジェクト「Nizi Project」をきっかけに知名度を上げ、J.Y. Parkを「理想の上司」だと持ち上げるメディアも多い。しかし一方で、韓国ではJ.Y. Parkへの批判が高まっている。

 ことの発端は、JYPから2014年にデビューした人気ボーイズグループGOT7がグループとしての危機に瀕していることが発覚したことだ。彼らは2021年1月をもってJYPとの専属契約が終了するといい、メンバーはJYPとの再契約はせず、それぞれが別々の事務所に移籍することになりそうだという。

 これに対し、日韓のファンを中心に「JYPはそもそもGOT7の運営を怠っていた」「餅ゴリ(J.Y. Parkの愛称)は本当にNiziUにしか興味がない! 腹たつ!」「どうせJYPが切り捨てたんだろ」「再契約はしなくてもグループ解散じゃないと信じたい」とさまざまな反応を見せている。

「日本の芸能界と違い、韓国のアイドルグループは契約更新時にうまくいかなくなるケースが多々あるんです。今回も解散とは言っていないけれど、メンバーの事務所がバラバラになってしまったら現実問題としてグループでの活動は難しくなるでしょう。GOT7はTWICEと違って日本での知名度は低いですが、韓国では熱狂的なファンも多く、間違いなくJYPを支えた功労者です。こんな幕切れはちょっと寂しすぎます」(K-POPライター)

 さらに、この報道が出る前にはプロデューサーのJ.Y. Parkがメンバーのインスタをフォローから外すなど不穏な動きもあり、これに対してもファンは不信感を募らせている。

「J.Y. Park氏が今は特にNiziUに力を入れているので、GOT7のファンからは以前から不満の声が出ていました。ただ、これは韓国の事務所の多くに見られる傾向で、新人売り出しには膨大な時間と予算をかけるけど、軌道にのったら放っておかれるんですよね(苦笑)。そもそも韓国のアイドルは短命で、5~7年くらいで寿命がきてしまう。GOT7もちょうど7年目だしBTSほど売れているわけでもないし、JYPも潮時だと見たんでしょう」(同)

 また、日本のレコード会社関係者からはこんな話も漏れ伝わってきている。

「日本の雑誌社やテレビ局もJYPに注目していて、いわゆる“NiziUのバーター枠”ができつつあるんです。日本の窓口であるソニーは『NiziUも出すから、JYPの別のグループも取り上げてくれ』と売り込んでいる。そのバーター枠にねじ込まれているのも功労者のGOT7じゃなく、その下にいるStray Kidsというボーイズグループなんです」(レコード会社関係者)

 高いパフォーマンス力で世界中を魅了するK-POPだが、10年以上グループ活動が続くケースは本当に少ない。まだまだ若く、可能性があるGOT7すら解散を余儀なくされる厳しい世界なのだ。

  • 1/11 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • 恵華 

    1/16 7:26

    事務所の契約更新が10年縛りから7年契約になり、給料上がらない、貢献度が評価されないグループは退所するって話だよ!

  • 陸耳!?

    1/15 6:43

    それがコリアクオリティー

  • カイン

    1/15 1:31

    前から思ってたけどパクさんだよね。何かこの時だけJYパークとか言ってる日本のマスコミがクズすぎる

記事の無断転載を禁じます