内偵進行中!!全ジャニーズ薬物検査の裏に「4人の逮捕者」と重大疑惑の過去

拡大画像を見る

 11月末からジャニーズ事務所が、約400人いる所属タレント全員を対象に薬物検査を実施していると、12月15日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

 ジャニーズ事務所が行っている薬物検査は簡易なものではなく、立会人監視のもと、厳正な方法で行われているといい、King&Prince、SixTONES、Snow Manといった若手グループから始まり、デビュー組のほとんどがすでに検査を終えているという。

 夕刊紙記者は話す。

「今、当局の薬物捜査が激しくなっているんです。実は12月初旬にも、音楽番組やバラエティ番組にも出演する人気アーティストや、芸能界にも知り合いの多い有名クリエイターが違法薬物で逮捕されるのではないかという情報が駆け巡り、緊張が走ったんです」

 薬物事件としては、9月8日には俳優の伊勢谷友介(44)が大麻取締法違反(所持)で逮捕されている。

「12月1日に伊勢谷の初公判が開かれたものの、頑として入手ルートを口にすることはありませんでした。薬物犯罪の取り締まりを行う警視庁組織対策5課(通称・組対5課)と厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、伊勢谷の入手ルート解明に総力をあげていて、そこからめくれる可能性が高い。

 また、当局は今後も摘発の手を緩めることはありません。組対5課もマトリも、年末の駆け込み逮捕を目指して、入念な内偵を進めているといいます」(前同)

■ジャニーズの薬物逮捕は他のタレントの比ではない

 2019年3月にはピエール瀧(53)が、同年11月に沢尻エリカ(34)などが薬物犯罪で逮捕・起訴され、その賠償金額は億単位だったとも言われている。

 また、ジャニーズ事務所は「SmileUp! Project」などの社会貢献・支援活動も行っており、所属タレントが万が一薬物犯罪で逮捕された場合、社会に与える影響は他芸能事務所の比ではない。

「ジャニーズ事務所はそうした事情も踏まえ、自社のタレントが薬物犯罪とは無縁だということを内外に示すため、大々的な薬物検査実施に踏み切ったのではないでしょうか。ただ、過去には現役ジャニーズタレント、元ジャニーズタレントが薬物犯罪で逮捕された例もありましたよね」(前出の夕刊紙記者)

■元KAT-TUNからは2人

 2016年3月にジャニーズ事務所を退所した元KAT-TUNの田口淳之介(35)は、2019年5月、交際相手の元女優・小嶺麗奈(40)とともに大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、世間に大きな衝撃が走った。

「2019年10月に判決公判が行われ、田口には小嶺とともに懲役6か月・執行猶予2年の判決が言い渡されています。保釈後、東京湾岸警察署の前で田口が土下座で謝罪したことも話題を呼びましたよね。

 そんな田口ですが、2019年11月には芸能活動を再開させていて、今年12月12日にもディナーショーを開催しています」(芸能記者)

 同じく元KAT-TUNで2013年にジャニーズとの専属契約を解除された田中聖(35)も、2017年5月、東京・渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反容疑で警視庁渋谷警察署に現行犯逮捕されている。

「同年6月、田中は証拠不十分で不起訴処分になっています。田中の逮捕で、当時組んでいたバンド・INKTは解散し、現在はソロアーティストとして活動しています。

 その田中聖の弟である田中樹(25)はSixTONESのメンバーとして今年1月22日にCDデビューを果たし、グループは若手ジャニーズでもトップクラスの人気を誇っています」(前同)

■光GENJI&男闘呼組メンバーにも

 元光GENJIの赤坂晃(47)は、ジャニーズ事務所所属時の2007年10月28日、東京・豊島区の路上で覚せい剤1グラムを所持していたとして現行犯逮捕され、翌29日付でジャニーズ事務所から解雇されている。

「赤坂には懲役1年6か月執行猶予3年の判決が下ったものの、解雇から2年後の2009年12月にも、宿泊中だった新宿区内のホテルの室内捜索中に覚せい剤の使用が発覚。執行猶予期間中の逮捕ということで、赤坂には懲役1年6か月の実刑判決が下っています」(女性誌記者)

 ベテランジャニーズでは、元男闘呼組の成田昭次(52)も2009年9月に自宅に乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反で現行犯逮捕されている。

「光GENJIも男闘呼組も、現在は解散や活動休止状態ですが、メンバー間の交流は活発なようで、近いうちに活動を再開するなんていう可能性もささやかれています」(前同)

■嵐・大野智にも大麻使用疑惑が報じられ……

 ジャニーズにまつわる薬物報道は4人のタレントの逮捕にとどまらない。国民的グループ・嵐のリーダーである大野智(40)にも、かつて大麻使用疑惑が報じられた。

 2008年7月の『週刊現代』(講談社)が、大野が大麻を使用したうえで女性2人と行為に及んだという疑惑を報じたのだ。

 大野は2005年夏、東京・渋谷のカラオケボックスでモデル風の美女らのパーティに合流。宴席の中で、何者かが「いいものがある」と紙に大麻の葉を詰めたジョイントを回し、大野も「目がピカピカする」と言いながら、それを吸引したと報じたのだ。

「この報道を受け、当時の『J-CASTニュース』では嵐を広告に起用していたハウス食品に問い合わせを行っています。その際、同社が、ジャニーズ事務所や大野本人に対して“タレントとしての自覚と社会的責任を持ち、自重した行動を”と申し入れたことも明らかになりました。

 ただ、大野の大麻の件はあくまで“疑惑”。ジャニーズ事務所は大野に事情聴取を行い、大野は“女性2人と遊んだことは認めたが、大麻の使用については『絶対やってない』と否定した”と、当時の報道でも出ていますからね。

 しかし、当時の嵐も今ほどではないにしろ、ジャニーズではトップクラスの人気を誇っていました。そのため、大野の大麻報道には関係各所にもかなりの衝撃が走ったんです。今後はそういった疑惑すら報じられないよう、タレントの薬物検査を徹底しているのではないでしょうか」(前出の夕刊紙記者)

 毎年のように報じられる芸能人の薬物逮捕。2021年を迎える前に、新たな逮捕者が出てしまうのだろうか!?

関連リンク

  • 12/16 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あにやあ

    1/14 8:31

    早く逮捕しろ(笑)

  • 洋子

    1/13 20:33

    嘘くさい記事。

  • ***

    12/18 10:13

    薬物犯罪の刑罰が軽すぎるから駄目なんですわ。 初犯でも10年以上の実刑のみとすべき。当然猶予なんで無し。薬忘れる位ぶち込むべきですね。薬物やって逮捕されたら10年以上なんで大概は人生終わりとなります。その覚悟でやるアホや馬鹿は仕方ないが。で、再犯は処刑で良い。命懸けで再度やる基地がイ共は覚悟できているはずだから事務的に処刑したら良いわ。生きていても仕方ないクズ共なんでね、処刑で良い。

記事の無断転載を禁じます