ビーチバレー・坂口佳穂が苦言を呈した“性的写真”撮影問題に出た賛否両論

拡大画像を見る

 ビーチバレー女子で活躍する坂口佳穂が12月4日、共同通信の取材に答え、“性的画像問題”について自身の思いを語った。

 坂口は、“サーブの時(観客席に)ヒップを向けているから、カシャって音がすると気になってしまう。試合中にこそこそ撮らないでほしい。明らかにおかしいんです。なんでこんなところで撮るんだろうって”と、競技中に写真撮影されることへの不快感を示した。

「坂口は10月15日に『ABEMA Prime』に出演した際、『競技を始めた頃、家族などから“こういう写真があったよ”と教えられることもあった。“自分の娘をこんな風に見て欲しいわけではないだろうな”と、申し訳なく思ったこともあった』と写真が性的画像になっていることについて苦言を呈しています。また『競技風景をかっこよく撮った写真や、競技の面白さが伝わるような写真であればいいが、明らかに嫌なところに焦点を当てられるのは、あまりいい気はしない。以前はネットにアップされている写真も気になっていたが、嫌な気分にしかならないので今は検索もしない』と、画像の拡散問題についても触れています。ビーチバレーは水着の競技だけに難しい問題ですが、JOCも競技団体から聞き取り調査を行い、具体策を検討する方針を明らかにしています」(スポーツ紙記者)

 ただしネット上では、坂口の発言に「ビーチバレーの大会行くと、1人でカメラを構えている男性の多いこと。間違いなくそういう目線で撮ってるのは間違いないよね」「知り合いにチアをやっている女性がいるが、同じように苦労させられていることを聞いた。そろそろ対策も必要なんじゃないかな」といった意見の一方、「そもそもあのユニフォームは客寄せ目的では。スタイルいい人はそれで別の仕事ももらえる人もいるだろうし。今さら言ってもね」「実力では日本のトップではない坂口がビーチバレー界の代表みたいに取上げられることに違和感。しかも“浅尾美和二世”とかで雑誌のグラビアに出まくったのに、被害者みたいなコメントされても説得力を感じない」といった指摘も出るなど賛否両論を呼んでいる。

 ビーチバレーの競技ユニフォームに対する規定は過去、“ボトムスはぴったりとしたもので、サイドの幅は7cm以下”と定められているが、12年ロンドン五輪からは、袖付きのトップスとショーパンでのプレーも許可されている。それでも今後、画像の拡散などが過熱するようであれば、新たなルール作りが必要となるかも知れない。

(ケン高田)

関連リンク

  • 12/11 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

23
  • 光原人

    1/14 1:27

    んだよなあ、嫌だよなあ。じゃあなんでオリンピック対策と称して、コンビニ売りエロ漫画雑誌廃刊にしたのに、芸能人アスリート盗撮雑誌がまだ売ってんの?

  • 閻王

    1/14 1:26

    AVの瀬奈涼を見習え! 広末涼子激似AVの仲居さんでデビューして、後期は剛毛尻毛AVで、尻毛とアナル見せまくってたんだぞ。

  • Scarlet Star☆

    1/13 23:42

    そもそも何故競技としてビーチでやる必要があるのか?ダシにして利用して客だスポンサーだって入れてる癖に都合の悪いときばっか被害者面?

記事の無断転載を禁じます