『ワイドナショー』で判明!ダウンタウン松本人志「芸人に死ぬほど恋い慕われる」ワケ

拡大画像を見る

 11月29日放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で見せた、ダウンタウン・松本人志(57)の「芸人への愛」が話題となっている。

 この日は、お笑い芸人のおいでやす小田(42)がゲストで出演。『R-1グランプリ』のルール変更が話題となった。

「11月25日、都内・渋谷のヨシモト∞ホールで行われた会見で、21年以降の『R-1』のルール変更が告知されたんです。“プロは芸歴10年以内であること”“アマチュアは出場10回目以内であること”と、若返りを目的とした変更ですが、これにより芸歴20年の小田は、出場資格を失ってしまったんですよ。ちなみに、表記もひらがなの『ぐらんぷり』からカタカナに変更になりました」(芸能プロ関係者)

 当時の会見で小田は「今年作ったネタはどこで出したらええねん。優勝するつもりでやってきたのに」と嘆いていたほか、同日のツイッターで、

《R-1記者会見でした。

 M-1準決勝進出で浮かれてるところで、まさかのR-1出場資格を失いました。

  、、、、そんなことある?!?!

 ぎぃぃぃぃやぁぁぁぁぁ!!!!せめて笑ってくれー!!!!

 公言してたR-1優勝の約束、守れなくてすいません。

 若い衆!!あとは頼んだ!! 予選も観に行くからな!》

 と、つづっていた。小田は、同じくピン芸人のこがけんと「おいでやすこが」というコンビを結成して、『M-1』の準決勝に進出。それは喜ぶべきことなのだが、過去5年連続で『R-1』決勝に進出していただけに、出場資格喪失は、めでたさを上回る衝撃だったのだ。

■芸をいじりつつも、気遣う姿を見せる松本

「その発表を受けて、松本が失意の小田を『ワイドナ』に呼んでくれたんでしょう。小田が登場するなり、松本は“おかえりやす小田”“お座りやす小田”と名前をネタにしてくれたほか、MCの東野幸治(53)は小田に持ちネタ“ラ行を巻き舌で叫ぶ”を披露するチャンスも与えていました。そちらは、それほど笑いはなかったようでしたが……」(女性誌記者)

 小田が超巻き舌で「ルルウウウウウルルル(ルール)変更すなぁッ! コルルルルァアア!(コラー!)」と叫ぶと、スタジオには微妙な空気が漂った。そこに松本が「いや、これは売れるよね!」「朝から晩まで、(売れっ子で)寝る時間あるのか!?」と発言すると、小田は「どの要素見て思うんですか!」「たっぷり10時間寝てるわ!」と返した。

「しかし、その後の松本は“これは厳しいよ。せめて『来年から』ってしてくれんとな”と、小田を気遣う姿も見せました。さらに“ネタは面白いもんな、間違いなく”と、その実力を認めていることも明かしています」(前同)

■R-1で披露するはずだったネタも披露できた

 そして、本来は『R-1』で披露するはずだった「キレどころわからへん先輩ほど怖いもんない」を、『ワイドナ』で披露できることに。

 このコントは、出演者からも大好評だったが、松本の感想は「いろいろ言いたいことはあるけど……ネクタイの色がよかったね」「もっと(ツッコミのテンションを上げて)言ってほしかった」というものだった。

 しかし、この日の放送後、松本は

《おいでやす小田。【ひとりR-1ぐらんぷり】優勝おめでとう~》

 とツイート。この優しさには小田もいたく感激していた。

「小田は《え?!えー!!!Twitterしていただいた。もう言葉がありません。ありがとうございます!!!!こんなことあるんや、、、》とツイートに反応していました。19年の“闇営業”騒動の際に《後輩芸人達は不安よな。松本 動きます》とツイートし、実際に生活に困っている謹慎芸人にお金を渡したときもそうでしたが、松本は後輩のために、本当に力になってくれますよね」(前出の女性誌記者)

■必死な芸人には優しい

 実は、“闇営業問題”で地上波から離れ、いまだ復帰が叶っていない雨上がり決死隊・宮迫博之(50)も、若手時代に松本に救われた1人だという。

「関西を拠点に活動していた時代から、松本は宮迫に光るモノを感じていたんでしょう。上京後の99年に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)に呼び、関東ではそれまで無名だった雨上がりをメインにして、『雨上がりだよ!全員集合ー!!』という特別企画を放送したんです」(専門誌記者)

 この回は「雨上がりの失礼なタメ口ツッコミに山崎邦正(月亭方正)が激怒してみせるものの返り討ちにされる」という内容だったが、爪痕を残そうと必死だった宮迫は、松本と浜田に引退覚悟で打ち合わせ以上に過激な行動に出た。

「坊主だった松本の頭を掴み、“なんでハゲとんねん”“テレビ出る時くらいヒゲ剃れアホウ!”とメガホンで頭を叩いたり、浜田に風船ごしとはいえ顔に膝蹴りしたり……。しかし、そのガッツが伝わったのか松本らは受け入れて爆笑していました。この回は23時台にもかかわらず、視聴率は20%超え、これで、雨上がりは一気に5本もテレビ出演が決まったという話もあった。笑いに必死な後輩には、ダウンタウンの2人はきわめて優しいんです」(前同)

■時には厳しい意見も

 ただ、優しいばかりではない。ダウンタウンの幼なじみである放送作家の高須光聖(56)が、11月3日のキングコング梶原雄太(40)のYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』に出演した際、松本の別な一面も明らかにしている。

「『ガキ使』の収録後、高須らスタッフと、松本ら出演者がロケバスに乗っていたときのことです。月亭方正がココリコらと楽しくしゃべっていたんですが、その日の収録での方正は、うまく笑いを取ることができていなかったそうです。にもかかわらずバスではしゃぐ方正に、松本がボソッと“お前なにも考えへんのか、この状況で?”と言ったといいます」(前出の専門誌記者)

 松本はその後「オレでも帰り、3つくらいは“あれ何かできたんちゃうかな”って思うで」「それがないとアカン」と続けたという。高須によれば、その後の車内はものすごい空気に包まれたという。

「それはでも、真剣そのもののアドバイスですよ。本当に方正のことを考えての言葉で、こんなにありがたいことはないわけです。だからこそ、松本は多くの芸人に慕われているんだと思います。

 東京ダイナマイトのハチミツ二郎(45)は、2018年7月に、肺炎による急性呼吸不全で生死の境をさまよっているんですが、その際に浮かんだのが、娘の顔と松本の顔だった、と同年9月に『ワイドナショー』で話っています。そして、このエピソードに“わかる!”とうなずく芸人も多かったといいます。それほど、松本は慕われているんです」(前同)

 おいでやす小田の無念を晴らす、晴れ舞台を用意した松本。芸人の心をつかんで離さないその人望で、ダウンタウンの天下はまだまだ続きそうだ。

関連リンク

  • 12/1 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ミトリン

    12/1 23:16

    小学生の時にクラスメートの前で漫才をしてたんだよね。近所の病院の漫才でかなリウケてたって。そのころから天才だった。 20代から看板番組をもち多くの人に影響を与えてるのはすごいわ。

記事の無断転載を禁じます