田中みな実、不可解な質問NG通達に報道陣から失笑…売りの『美意識』も謎のNG

 フリーアナウンサー・田中みな実が11月25日、都内で行われた「第49回ベストドレッサー賞」の授賞式に出「芸能部門」で選出され出席した。

 各スポーツ紙によると、田中アナは、デコルテと背中があらわになった大胆なドレスで登壇、「このような歴史ある賞を頂戴しまして、誠に恐縮です」とあいさつ。

 2019年、出版した写真集が大ヒットしたが、「たびたび見返しては最高の作品だなと思っております」と自画自賛し、「まだご覧になっていないという方はぜひご覧ください」とちゃっかりアピール姿が印象的だったようだ。

 今後の女優業に話が及ぶと、「需要があれば。いただけるものは何でも精いっぱいやりますので、お仕事お待ちしています」と逆オファーしたという。

「8月に事務所を広末涼子、有村架純、戸田恵梨香らがいる『フラーム』に移籍。大ヒットした写真集の編集者が宝島社からほかの大手出版社に転職したこともあり、美容本や写真集第2弾の計画が進んでいるようだが、今後は女優業中心にシフトする意向らしい。とはいえ、圧倒的に演技力が足りないが……」(テレビ局関係者)

 そんな中、同授賞式では囲み会見も行われたというが、主催者側から田中アナに関するNGの質問3点がアナウンスされたという。

「3点は『事務所の移籍』、『今後の女優業』、『美意識が高いこと』。先の2つはデリケートな問題もあると思うので納得だが、最後の質問は田中アナが常々公言していることでもあるだけに、報道陣からは失笑が起こった」(イベントを取材した記者)

 今後NG質問がエスカレートするようだと、仕事にも悪影響を与えそうだ。

  • 11/30 15:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます