嵐、大みそかライブの“見逃し配信なし”に悲鳴「きついな」「なぜ」の声

拡大画像を見る

 嵐の活動休止前最後のライブとなる無観客配信ライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』の詳細が30日に発表され、ファンの間で物議を醸している。

『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』は12月31日20時から配信され、会場は非公開。チケットの発売はすでにスタートしており、アーカイブによる見逃し配信はないという。また、ライブ開催に併せて特設サイト「This is 嵐  LIVE 2020.12.31 みんなで準備だ!TV」が開設されており、さまざまなコンテンツが楽しめる。

 同ライブは、嵐の活動休止前の最後のライブとなるが、ファンの間では「待ってました~! 最後の嵐を目にやきつけて、家族で年を越そうと思います!」「ファンのためにたくさん準備して愛を届けてくれてありがとう」「楽しみです!盛り上がっていきましょう」「自分がどんな気持ちで観るのか想像つかないけど、最高の一日が2020年の大晦日になることは、間違いない」と期待する声が高まっている。

 その一方、ライブが大みそかという年末の慌ただしい日に開催されることもあってか、「見逃し配信を、是非お願いしたいです! 只でさえ年末の忙しい日、幅広い年齢層がいる嵐ファン 特に、医療従事者の方々や介護職などの方々には、元気づけになるのでは」「医療従事者の方々始め、夜から仕事の方々の為にも見逃し配信すればいいのに。長く応援してきた人が見られない状況なんて、最後がなんか切ない」「理由は色々あるのだろうけど、見逃し配信か、せめてDVD販売してあげてほしい」「見逃し配信がないのはなぜ? 大晦日は仕事の人、家族都合で見られない人、いろいろ事情があるでしょうに。スーパーアイドルなんだから、ファン層だって様々だろうに」「この時間だとバタバタしてて集中出来ないから、見逃し配信ないときついな」と見逃し配信やDVD化を希望する声も出ている。

■『アラフェス』では見逃し配信なしの発表から一転、配信へ

 また、11月3日に開催された嵐の無観客ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』は、当初見逃し配信がないとアナウンスされていたものの、開催後には見逃し配信が発表されたことから、「見逃し配信ないって言いつつアラフェスもリピート配信すぐ発表したからまた今回もその流れかな?」と今回も後から見逃し配信の発表があるのではないかと推測する声もある。

 嵐の活動休止前最後のライブとなり、ファンにとっては特別な意味を持つ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』。見逃し配信を期待するファンの声は叶うのだろうか!?

関連リンク

  • 11/30 13:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます