中居正広、長瀬智也、米倉涼子…退所続々で「一家総出大揉めタレント」大争奪戦が勃発!!

拡大画像を見る

 11月12日、在京民放5社の2020年9月中間決算が出そろった。コロナ禍による広告収入の減少で売上高は5社ともに大幅に落ち込み、テレビ東京ホールディングス(HD)以外の4社が減益か赤字となった。

 テレビ局だけではない。エンタメ業界全体が未曽有の不況に見舞われている。

 音楽・映像事業を手がける東証一部上場のエイベックスは、コロナ禍で事業の主力であるライブ事業やグッズ・音楽CD販売が低迷し、2020年4~9月決算で32億円の純損失を計上。11月5日には同社では初めてとなる希望退職者を募ることを発表したほか、東京・南青山の本社ビルを売却する方針を固めたことも明らかになった。

 また、大手芸能事務所のアミューズも、11月13日に2021年3月期第2四半期決算を開示。営業収入は前年同期から35%減となる192億7900万円、最終利益も47.9%減となる12億500万円だった。

「大泉洋(47)や佐藤健(31)など、大人気俳優が所属するアミューズですが、サザンオールスターズやSEKAI NO OWARI、ONE OK ROCKなど、人気ミュージシャンも多数所属しています。予定されていたライブが次々と中止となり、大きな痛手を受けたようです。同社は赤字ではないにせよ、コロナ禍で大変な状況にあることが明らかになりました。

 天下のエイベックスが本社ビルを売り出し、勢いのあるタレントが多数所属するアミューズですら厳しい状況にある。芸能界はコロナ禍で大揺れ、大荒れ状態です」(芸能プロ関係者)

■カリスマ的人気を誇る女性タレントがギャラ交渉

 芸能界全体が不況に見舞われる中、人気芸能人の大手プロダクションからの“離脱”も相次いでいる。

「元SMAPの中居正広(48)は3月31日でジャニーズ事務所を退所。元NEWSの手越祐也(33)も6月に退所し、TOKIOの長瀬智也(42)も来年3月いっぱいでの退所が決まっています。

 彼らの独立は、事務所の経営難で待遇が悪くなったということではなく、今後の働き方を考えてのことでしょうが、今年は、待遇面の問題から所属する芸能プロを辞めること決断した人も多くいますよね」(前出の女性誌記者)

 苦境に立つ芸能プロダクション。そんな今、業界でも数少ない“稼げるタレント”を巡って、各事務所間で大争奪戦が始まっているという。

「そのタレントというのが、藤田ニコル(22)なんです」(前出の芸能プロ関係者)

 8月6日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、藤田が所属するオスカープロモーションと彼女の母親がギャラの配分を巡って対立していると報じている。

「もともと藤田とオスカーの取り分は7:3だったといいます。しかし、藤田の仕事が忙しくなり、マネージャーや運転手などの人件費が増えたことで、オスカーサイドが取り分の比率を増やそうとしたそうです。

 しかし、これにマネージャー的な役割も果たしていた彼女の母親が怒ってしまい、弁護士を立てて交渉を行っていると記事では伝えています」(前出の女性誌記者)

■剛力、森泉、堀田……オスカーからの大量離脱

 当の藤田は『週刊新潮』の直撃に対し、「あんまりしゃべると怒られちゃうので……」としつつも、真摯に取材に応じている。

「ギャラの交渉をしているのか」という質問に対しては「たしかに、お母さんと会社が何度か話し合いをしているのは本当ですけど。でも、揉めているってわけじゃなくて、ギャラとか契約とかをもっといい感じにしていこうと……」と回答。

 事務所からの独立については「全然! そんなことないです。もちろん、一生いまの会社にいるかは分からないですけど、いま辞めるとかは考えてません。そこは大丈夫です!」と応じている。

「しかし同社からは、看板女優だった米倉涼子(45)を筆頭に、昨年から忽那汐里(27)、岡田結実(20)、剛力彩芽(28)、福田沙紀(30)、紫吹淳(52)、堀田茜(28)らが相次いで退社。

『おしゃれイズム』や『幸せ!ボンビーガール』(ともに日本テレビ系)など、レギュラー番組を抱え、“稼ぎ頭”でもあった森泉(38)も10月で契約を満了し、別の事務所に移籍しています。森はもともと月給制だった給料が、歩合制に変えられてしまうことを巡って、事務所サイドと揉めたともささやかれています。

 藤田もギャラを巡って母親と事務所が話し合いをしている。そのため、芸能事務所各社が、彼女の周囲にいる、ヘアメイクやスタイリストなどのファッション関係者を通じて接近し、“移籍の話をしたい”と持ち掛けているといいますよ」(前出の女性誌記者)

■にこるんは喉から手が出るほどほしいタレント

 藤田は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『サンデージャポン』(TBS系)にレギュラー出演しているほか、バラエティ番組では見ない日がないほど大活躍。また、「マネーフォワード」や「アットホーム」などのCMにも出演し、写真集も大ヒット。インスタグラムのフォロワー数は363万人以上と、芸能事務所からしてみたら、喉から手が出るほど獲得したいタレントだろう。

「ギャラの配分について、藤田サイドの言い値をそのまま飲んだとしても、十分に会社は潤うことは間違いない。それぐらい、今の藤田は大きな金額を稼ぎ出すタレントだということは間違いありません。

 今年3月の『デイリー新潮』でも、藤田の母親とオスカーがギャラを巡って対立していると報じていますが、藤田はさまざまな現場で“自分の給料が安い”と漏らしていたといいます。彼女は幼い頃に両親が離婚して、今まで女手一つで自分を育ててくれた母親にとても感謝しているんです。

 一方の母親も、娘のことが心配でギャラの交渉を続けているのかもしれません。藤田自身、母親に“楽をさせたい”という思いもあるでしょうから、もしかしたら来年には、新事務所に移籍となっているのかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

 母のため、にこるんは決断するのだろうか? そして、藤田を獲得する事務所は果たして……!?

関連リンク

  • 11/30 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます