渡部建の出演“確定”で「笑ってはいけない」マンネリ化の危惧

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志が11月22日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、アンジャッシュ・渡部建が年末に放送される「笑ってはいけない」で復帰するという報道について暗に認める発言をした。

 松本は「笑ってはいけない」の制作発表前に渡部の出演報道がなされたことについて「ルール違反も甚だしい」と不快感を表明。その理由として、「あの番組は、誰がゲストでどこで出てきて何をするのか、我々は知りたくない。ずっとドッキリを仕掛けられる受け身の側だから」とし、「収録前にネットニュースで知らされるって。考えられない」と発言した。

 さらに収録当日に渡部が現れたことを示唆。その時に思わず「ネットで知ってたわ」と突っ込んでしまったという。松本は「もうこうなったら(出演を)認めてんのと一緒やな」と語り、出演を認めた。

 しかし、ネットでは《「笑ってはいけない」に、渡部は悪手じゃろーて。。ただでさえマンネリだなんだて言われてるのにトドメ刺す気か??》《アンジャッシュの渡部さん、笑ってはいけないに出るの? あれに出たら何でも水に流せる感じなんだね、芸能界は。あの番組はもう普通にマンネリ過ぎて面白くない》《もう「笑ってはいけない」ってマンネリが酷くて全く面白くない》と辛辣な意見が続出。

「年末の『笑ってはいけないシリーズ』がマンネリと言われて久しいのは周知の事実です。テーマこそ『青春ハイスクール』『トレジャーハンター』『アメリカンポリス』など毎回違いますが、肝心の中身の構成は既視感満載。要はお約束だらけで先が読めるネタばかりなんです。ゲストの“笑いの刺客”は多彩ですが、逆に言うと、今や見所はそこだけ。過去に不貞ネタで登場したのは俳優の袴田吉彦、原田龍二がいますが、言ってみれば今年登場する渡部は三番煎じで、これもマンネリですね。出演報道に対する反応はほぼ否定的なものだったので、最悪カットもありえます」(芸能記者)

 せめて俳優の東出昌大も刺客として登場したら、渡部への批判の矛先もかわせるかも?

(柏原廉)

関連リンク

  • 11/29 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます