山下智久がNEWSを心底嫌っていた証拠となる”ある対応”とは?

拡大画像を見る

 事後報告となった山下智久のジャニーズ事務所退所には賛否両論が渦巻く。しかし、業界関係者に話を聞くと山下智久のジャニーズ嫌悪はピークに達していたようで、表面的な円満退社とは裏腹に絶縁覚悟の退所だったという。さらに、NEWSへの意外な想いまで関係者から聞くことができた。

「円満退社や解雇など、ジャニーズ事務所の辞め方にはいろいろありましたが、芸能活動継続にもかかわらず事後報告というケースは今回が初めてじゃないでしょうか。円満を装っていますが、相当なドタバタがあったと言われています。ただ、山下さんが辞めるということに関しては以前から時間の問題だったので、その点で驚いた関係者は少ないはずですよ」(テレビ局ドラマ制作スタッフ)

 ジャニーズ事務所を山下智久が辞めることに驚きは少なかったとのことだが、その理由は何なのか。

「そもそも彼はNEWSを毛嫌いしていました。NEWSはワールドカップバレーのためにデビューさせたグループで、当時はフジテレビからの依頼もあって毎年のように急造グループを排出していたんです。そのため、山下さんもNEWSに無理くりねじ込まれてしまったわけです。本人としては周囲のメンバーのレベルに納得ができず、その枠の中に自分がいることが嫌でたまらなかったみたいです」(同)

 急造グループ故にメンバー同士の意思疎通などもないままに組み込まれ、戸惑いも大きかったようだ。

「実際、NEWS発足間もなくメンバーが抜けるなど、ガタガタだったんです。ジャニーズ内にもうまくいかないとの声があったようですが、当時のフジテレビは視聴率も絶好調でチカラがあったので言いなりでした。しかし、その結果として当事者であるメンバーのヤル気がないという状態ができてしまい、筆頭格が山下さんだったわけです」(同)

 大人たちの事情に巻き込まれた感もあるが、山下のNEWS嫌いはどの程度だったのであろうか。

「NEWS時代に山下さん自身がドラマや映画の番宣でラジオにゲスト出演すれば、その作品のテーマ曲をかけるかNEWSの楽曲を流すかの二択です。でも、NEWSの曲を流すのは頑なに拒否していました。テーマ曲をかけたいからということでもなく、『NEWSの曲なんか絶対流さないでください』とまで言われたことがあります」(ラジオ番組プロデューサー)

 絶対に流すなとは凄い言葉だが、それほどまでに距離を置きたかったのかもしれない。

「こうした経緯があるので、正直今回の退所には驚きませんでした。ただ、今回の辞め方を見ているとNEWSだけじゃなくてジャニーズの所属タレントであることさえも嫌だったのかなと思っています。才能のある方なので今後も頑張ってほしいですが」(同)

 たしかにそこだ。俳優としての才能があり、だからこそハリウッドからも声がかかったのだろう。過去は過去として、これから先の山下智久の活躍に期待を寄せるべきかもしれない。

  • 11/28 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます