テレワーク中に不快に思ったこと1位「高い負担を伴う業務依頼」 「必要のない出社の強要」という声も

拡大画像を見る

日本能率協会総合研究所は11月25日、「テレワークにおけるコンプライアンス上の課題」に関する調査結果を発表した。調査は9月に実施し、7~8月に週1回以上テレワークを経験した1000人から回答を得た。

テレワークの実施場所を聞くと、最多は「自宅」(98.3%)だった。次いで「サテライトオフィス」(5.5%)、「飲食店・喫茶店等」(3.4%)、「シェアオフィス」(2.2%)などと続いた。

のぞき見防止策、4割は「していない」と回答

続いて、のぞき見防止策の有無について聞くと、4割強が「のぞき見防止策をしていない」(43.7%)と回答。「のぞき見防止策をしている」(28.3%)と答えた人を大きく上回った。

使用端末については、最多が「会社貸出の端末」(79.6%)。次いで「会社から許可された、私物の端末」(18%)、「会社から許可のない、私物の端末」(8%)などと続いた。

また、テレワーク実施中に受けた不快な行為を聞くと、最多は「高い負担を伴う業務依頼」(24.4%)だった。次いで「行き過ぎた叱責・人格を否定する発言」(18.4%)、「頻繁に仕事の進捗についての報告を強要」(17.4%)、「頻繁に仕事の進捗について報告を強要」(17.4%)、「必要のない出社の強要」(12.4%)と続いた。

テレワーク中の生産性については「低下した」(27.7%)が「向上した」(19.4%)を上回った。一方で「テレワークの利用頻度を増やしたい」と答えた人は78.2%いた。

関連リンク

  • 11/25 20:30
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます