プロが教える「冬に熟睡できる!」テッパン“布団の選び方&使い方”

拡大画像を見る

 若い頃は、どれだけ寝ても寝足りなかったが、最近は年を取ったせいか、寝つきが悪いし、眠りも浅い……。そんな悩みを抱えている読者諸兄も、実は多いのではないだろうか。

「医学的には入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒など、睡眠に関する問題が1か月続いて、何かしらの不調が引き起こされている状態ならば、“不眠症”とされます。厚生労働省の調査によれば、日本人成人のおよそ20%、つまり5人に1人が慢性的な不眠に悩んでいます。特に50代では、2012年から18年の6年間で、悩む人が約18%から27%と10%も増えているんです」(医療ライター)

 睡眠と健康の関係に詳しい、『高円寺整形外科』の大村文敏院長は、こう言う。

「不眠が続くと、体の代謝などをサポートする成長ホルモンが寝ている間に分泌されにくくなり、さまざまな不調につながります」

 中高年の不眠の原因は加齢の他に、ストレスや頻尿などもあるが、見落とされがちなのが「布団など寝具の問題」だという。

「寝具を、その人にフィットしたオーダーメイドのものに替えただけで安眠できるようになったと、うちの患者さんにもそうした方が少なくありません」(前同)

 寒さに身が凍える冬は、1年で最も布団の役割が大きい季節。そこで本誌の徹底取材で判明した、“安眠できる布団の選び方&使い方”を伝授していこう。まず、快適な眠りを得るために知っておきたいのが、「寝返り」と「体温」の重要性だ。

「人は、睡眠中に20回ほど寝返りをうちます。こうすることで、浅い眠りと深い眠りを繰り返す睡眠サイクルを整えているんです。また、睡眠中、人は体温が下がります。特に深い眠りの中にいると、目が覚めているときより1.5度ほど体温が低くなります。つまり、冬だからといって布団の中が温かすぎると、熟睡できなくなるんです」(前出の医療ライター)

 この2点を押さえたうえで、冬の寝床づくりで、まず実践したいのが「毛布を下に敷いて寝て、体を覆うのは掛け布団だけにする」(前出の大村氏)ことだ。通常、毛布の上に掛け布団を重ねる。だが、これでは布団の重さで寝返りがうまく打てず、また体も過度に温められてしまうという。

■こまめに布団を干す

 同様に、こまめに布団を干すことも大切だ。

「外気に触れさせないと、布団が湿気を吸い込んで繊維が潰れ、重くなってしまいます。これも寝返りの妨げとなります。冬は干す時間にも注意が必要で、晴れている日でも、午後3時以降は空気中の湿気が多くなります。理想はお天気の日の午前10時から午後2時までの間に、2時間ほど干すことです」(寝具店店員)

 冬の夜に、つい頼りたくなる電気毛布も避けたほうがいいという。

「電気毛布は温度が一定なため、睡眠中に起きる体温の変化の妨げとなってしまいます。もし使うならば、熱がこもりすぎないよう、上に掛けるのでなく、下に敷くようにしましょう」(大村氏)

 また、不眠の悩みを調べてみると、そもそも布団が体に合っていない場合があるのだとか。

「しっくり来ていないなら、思い切って布団を新調してみるのもオススメです。新たに買うならば、まず、なるべく大きい布団を選びましょう。体全体を包み込むことで、布団の中を冬に最適な温度や湿度にする効果があります」(前出の寝具店店員)

 また、冬用の掛け布団の中綿は羽毛素材が望ましいという。

「羽毛素材のものは、軽いうえに寝ている間の体温を適度に保ってくれる効果が期待できます」(大村氏)

 さらに、マットレスや枕選びにも注意を払うと、より快適な睡眠環境が作れるそうだ。

「長い間使うことで、人の重みによって真ん中がへこんでしまったマットレスや、高さと硬さが自分に合っていない枕も、寝返りの邪魔になります」(同)

 質の良い睡眠を取って、この冬を乗り切ろう!

関連リンク

  • 11/25 18:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます