MALIA.の18歳長男がJ初ゴール「ママ、泣きます!!」 父は田中隼磨

拡大画像を見る

 モデルで実業家のMALIA.の長男で、セレッソ大阪U-23のFW新保海鈴(しんぼ・かいり、18)が22日、ホームのヤンマースタジアム長居で開催されたJ3のロアッソ熊本戦で、J初ゴールを決めた。

 後半7分、左足でシュートを放ち、ネットを揺らした。試合は1-1で引き分けた。高校3年生の海鈴はセレッソ大阪U-18所属。今季から2種登録され、7月にJリーグデビューした。

 MALIA.は2002年にJリーガー・田中隼磨(38)=現・松本山雅FC=と最初の結婚。同年8月に海鈴が誕生したが、04年に離婚。4度の離婚を経て、シングルマザーとして4人の子供を育てている。

 MALIA.はインスタグラムで早速、長男のゴールを祝福。24時間で消えるストーリーズ機能を使い、「息子!Jリーグ初ゴール! 2020.11.22 叫んだよ、ママは。」と興奮の投稿。海鈴が「ありがと 初ゴールはママに捧げるよ」と返信すると、「ママ、泣きます!!そして、今夜は飲みます!」と感激していた。

関連リンク

  • 11/22 21:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます