霜降り明星せいや「吉本vs文春」業界は裸族だらけ!

拡大画像を見る

 20代にしてレギュラー番組4本を抱える大人気お笑いコンビ・霜降り明星。「お笑い第七世代」のリーダーとして大活躍している。そんなコンビのボケ担当であるせいや(27)に、ウェブ会議サービス「Zoom」を使った一般女性との飲み会の最中に下半身を露出するセクハラ行為をしたという事件があったと、ニュースサイト「文春オンライン」が報じたのは早数か月前のこと。

※動画は「taishu.jp」で

 その後「文春オンライン」は二人が所属する吉本興業に提訴され、該当記事を取り下げもしたのだが、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析がなされた。

 座談会では、吉本と文春の争いの一部始終や、この件についての「世間の見方」について、また事件の発覚から吉本が提訴するまでにタイムラグがあった「ある理由」についても話が及び、白熱のトークが展開された。

 出演は、NHKでアナウンサーを務め、フリーとなった現在では「日本一小さいアナウンサー」としても活躍している木村綾乃さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/Vi5QN9GKCe4

関連リンク

  • 11/22 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます