彼氏もメロメロ!【甘えた方がイイ】理由って?

拡大画像を見る


社会でバリバリ働く女性が増えるに従い、甘えたいけどなかなか上手に甘えられないという女性も増えています。
でもそんな女性は男性にとって少しつまらない女性になってしまうかも。
やはり男性は上手な甘え方のできる女性が大好きです。そこでこれだけで簡単に甘え上手になれるコツをご紹介しましょう。 


甘え上手は男性を喜ばせる

甘え下手の女性はどこか心の深い部分で、甘えはいけないと思っているかも知れません。
しかし甘えられることは男性にとって1つの喜びでもあるのです。男性は本能的に女性を守る強い自分像を持っています。
そのため甘えられることは喜びであり、そんな女性に魅力を感じるのです。
ただしこれは本能的なことであり現実に頼られ過ぎては男性だって疲れ果ててしまいます。
甘えられたいという男性の本能を満足させながら、現実には疲れさせないように甘えることこそ甘え上手なのです。 


甘えが悪いことだと思っている

甘え下手の女性は彼氏に甘えることを罪悪だと感じていることさえあります。
また甘えると嫌われると思っている場合もありますが、どちらも下手な甘え方をした場合のこと。
甘え下手は嫌われる原因にもなりますが、上手に甘えれば嫌われるどころかもっと愛されるはずです。 


仕事でしっかりしていると恋愛関係でもしっかりしてしまう

仕事面でしっかりしている女性は、責任を持って自立していることがとても重要だと思っています。
そして現実に仕事においてはそれが不可欠です。
しかし恋愛関係までそのようにしっかりし過ぎると、男性にとってはかわいい女性ではなくなってしまいます。
恋愛は仕事のように責任を持って任されたことを遂行するわけではなく、お互いを想い合い、愛し合って育むものなので仕事とはまったく違います。
あまり女性がしっかりしてしまうと、女性より強くいたいという 男性本能を満足させることはできません。


本当は甘えたいはず

甘えることが下手な女性は、同性の女性が甘えることを嫌う傾向にありますが、実は自分も甘えたい気持ちがあるからなのです。
つまり我慢して「わたしは甘えるなんてしません!」と肩肘を張っているだけ。
だからそばで見ていても何か虚勢を張って強がっているように見えてしまいます。
男性にとって強がる女性は魅力的ではありません。男性の本能としては強がる女性は魅力的ではないのです。 


上手な甘え方のコツはたったこれだけ!

甘え下手の女性は実は甘えたいけど、どの程度甘えていいか分かりません。そこで上手に甘えるためには
「彼が困らない甘えはどんどんすべし!彼の困る甘えは絶対にしない!」
これを基準にして甘えること、基準はたったこれだけです。そして甘え上手な女性は必ず「うれしい~」「ありがとう~」と感謝の気持も伝えます。たったこれだけで男性からますます愛される女性になるでしょう。


まとめ

甘え上手な女性になるには男性が困らない甘えと、かわいい感謝の言葉が重要です。
これができれば男心はもうメロメロ。簡単にできる上手な甘え方で、あなたも愛され上手になりましょう!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 17:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます