朝比奈祐未、マイクロゴールドビキニで最強“ひなけつ”大胆露出

拡大画像を見る

ほかのグラドルとはひと味違うスタイリッシュさと、グラビア界No.1との呼び声高い“ひなけつ”こと97cmの“美巨尻”が魅力の朝比奈祐未が22日、都内でDVD『蠱惑な林檎−聖職者の汚されたキャンバス−』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。



自身13作目のイメージ作品となった本作は、8月に都内で撮影されたそうで、作品の内容を聞かれた朝比奈は「今回は私が男子校の美術の先生という役に挑戦しています。先生自身もちょっと気になっている男子生徒がいて、彼に『下着姿のデッサンモデルをやってほしい』頼まれて、そこからいろんなトラブルに巻き込まれていきます(笑)」と答え、「同僚の女性教師にいじめられたり、男子生徒とのラブラブがあったり、それが校長先生にバレてしまって迫られたりなど、いろんなことが起こります。盛りだくさんでドロドロです」と紹介。


オススメのシーンについて朝比奈な「同僚の女性教師にいじめられるシーンは、下着姿のデッサンモデルを目撃されて、女性教師に水をぶっかけられたり、絵の具を塗りたくられたりしていじめられます。オススメです!」とアピールし、さらに「校長先生に『黙っていてあげるから』って迫られるシーンがあるんですけど、校長がドMだったというシーンなので私が思い切りムチで叩いたりするんですけど、赤いムチでパチンパチンやっていますので、ぜひ見てください」とニッコリ。いじめられることと、責めることのどちらがお好みか追求されると「楽しいなと思ったのはいじめるほうですかね(笑)」と不敵な笑みを浮かべた。


また、もっともエロく仕上がったシーンを尋ねられると「責められるほうのシーンなんですけど、先生自身が気になっている生徒とは別の男子生徒2人に「俺たちもいいじゃないですか」って責められて、オイルでヌルヌルでマッサージされるシーンがあるんですけど、ハイレグの衣装で手も縛られて、ここはエロいんじゃないかなと思います」とオススメし、オイルプレイについては「不思議な感じがしたんですけど、撮影がめっちゃ寒かったです。オイルってめっちゃ体が冷えるんです。しかも滑っちゃうし、縛られてるしで大変でした」と回顧した。


最後に、今年1年の感想と来年の抱負を聞かれた朝比奈は「今年はコロナでやりたいことができなかったり、お仕事も大変だったりしたんですけど、来年はもっともっとお仕事の幅を広げていったり、もっと活躍できるように頑張ります。プライベートでも旅行に行きたいです」と目を輝かせ、加えて「12月に舞台に挑戦することになりまして、舞台も来年もっともっと出られるようになれたらなと思います」と力を込めた。

関連リンク

  • 11/22 14:33
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます