ふくまるが溶けた理由に「あるある!」「わかりすぎる」 『おじさまと猫』

拡大画像を見る

「猫は液体」

猫の飼い主の間で、こんな言葉をよく耳にします。猫の体はとても柔らかく、伸縮性があるため『液体』と例えられているのです。

SNSでは多くの飼い主が、愛猫がケージや柵をすり抜けたり、床で寝ころびながら伸びたりしている姿を投稿しています。

『まさかここは!』

漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんが公開している人気シリーズ『おじさまと猫』。

ペットショップで孤独な思いをしていた猫『ふくまる』と、優しい『おじさま』の触れ合いを描く、心温まる作品です。

『おじさまと猫』シリーズ

ふくまるも、ほかの猫同様に液状化することがあるようで…。

重力に従い、徐々に『溶けて』いった、ふくまる。

そう、なぜならふくまるがいる場所は床暖房がついた場所!心地よい温かさを感じ、心身ともにとろけてしまったようです。

溶けたふくまるを愛おしそうに見つめるおじさまも、つられて床に寝転がってしまった様子。

きっと多くの飼い主が「自分もよく同じことをやってる…!」と思ったのではないでしょうか。

寒い季節は、愛猫とくっついて暖をとりたいですね!

単行本『おじさまと猫』第5巻が発売!

『おじさまと猫』の単行本1~5巻が発売中です。

単行本でしか読めない描きおろしも盛りだくさん。興味のわいた人は、ぜひ手に取ってみてくださいね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @sakurai_umi_

関連リンク

  • 11/22 12:15
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます