宮川大輔、常人はパニック必至の海底で30キロの石を抱え疾走!「さすが」

拡大画像を見る

 11月15日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、宮川大輔(48)が驚異的な身体能力を見せつけた。今回『宮川探検隊第14弾』で、スタッフとともにアマミノクロウサギと神秘の洞窟を求め、奄美大島と沖永良部島に向かった宮川。その中で肉体と精神の鍛錬のために行うという、「ロックトレーニング」に挑戦した。これは水深3メートルの深さまで潜り、海底に置いてある重さ30キロの石を抱いて海底を20メートル走るというトレーニング。

 まずはインストラクターが見本を見せ、最初に体がユルみきった32歳の番組男性スタッフがチャレンジ。まず海底まで潜るのにも苦労し、石を抱いて2歩進んだところでパニックになって浮上。宮川が「どうやった?」と聞くと、番組スタッフは「下ついたときには、結構限界きてて」と息も絶え絶えだった。続いて宮川が挑戦。慣れた様子で海底まで潜り、軽やかな足取りで海底を走り、初挑戦にして20メートルを走破した。

■驚異的身体能力に内村もビックリ

 さらに、海底で石を頭上に掲げ、石の重みを利用して水中でバク転するという難しい技も、宮川は一発でクリア。石を抱えたまま、華麗に海底でクルリと一回転し、スタジオの内村光良(56)、いとうあさこ(50)らを驚かせた。

 ハードなロックトレーニングを終え、過酷な地底洞窟潜入にも成功した宮川探検隊。無事、絶景をカメラに収め、出川哲朗(56)から「今までの大輔の(ロケの)中で一番きれいだった」と絶賛されていた。

 これまで多くのロケを乗り越えてきた宮川の優れた身体能力に、視聴者からも「初めてで20メートル走れてんのまじ普通にすげぇな」「アスリートレベルやん! 日頃のロケで鍛えられたのかな?」「バク転すごw」「さすが宮川隊長。運動神経ハンパない」「すごいな、宮川隊長」など、称賛の声が上がった。コロナ禍で海外ロケには行けない状況だが、どこに行っても見どころを作るのはさすが!

関連リンク

  • 11/22 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます