KinKi Kidsも怒!?「後輩パラサイト」近藤真彦、V6森田剛に理不尽激怒!

拡大画像を見る

 ジャニーズ事務所の最年長タレントで、今年デビュー40周年を迎えていた近藤真彦(56)。11月12日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で25歳年下の31歳一般女性のA子さんと5年にわたって不倫関係にあると報じられ、同月17日に無期限の芸能活動自粛処分。さらに、自身のレーシングチーム『KONDO RACING』の監督業も活動を見合わせすることとなった。

「11月18日付の『スポニチアネックス』によると、CMなどの違約金が数千万円規模に達する可能性もあると報じています。

 ただ、近藤は自粛発表の際に“ほとんどテレビ出てないんだから自粛の意味無いよな”“元々、活動してないから意味ナイ”といった意見がネット上でも少なくなかったように、若手に比べると稼働がかなり少ない。これが売れっ子だったら、億単位の違約金になっていてもおかしくないですからね。仕事が少なくてダメージが最小限に済んだ、という見方もできるでしょう」(芸能記者)

■レースに没頭でも生活は余裕

 デビューシングル『スニーカーぶる〜す』を皮切りに『ハイティーン・ブギ』など数多くの名曲を持ち、『ザ・ベストテン』(TBS系)など当時の歌謡番組に数多く出演。また、役者としてもドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)や映画『嵐を呼ぶ男』に出演するなど、かつては大活躍していたマッチ。

「近藤さんは、田原俊彦さん(59)とともに、ジャニーズ事務所が現在の地位を築く礎を作った大功労者です。ただ、最近は役者としては『トットちゃん!』(NHK)での森繁久彌さん役のようなスポット出演や単発作品の出演が中心。歌手としても2017年12月以降、シングルを出していません。今年はツアーをやる予定がコロナでなくなってしまいましたが、近年のコンサート活動もディナーショーが中心でした。

 芸能活動が落ち着いているぶん、近藤さんは趣味のレーシングチームの監督に力を入れていたようです」(芸能プロ関係者)

 レーシングに注力していても、近藤の生活は安泰だったという。

「ジャニーズの功労者、最年長タレントとあって、幹部クラスの扱い。働いていなくても、実入りはあるんです。言い換えれば、若手の稼ぎで収入を得ている、ということなのですが……」(前同)

■キンキが稼ぐほど懐が潤う

 11月19日発売の『週刊文春』によると、ジャニーズはタレントが経営に携わるのを嫌がっていたものの、1997年にジャニーズ・エンタテイメントが設立された際、特例で近藤にも株を持たせたという。

「ジャニーズ・エンタテイメントは当初、KinKi Kidsのデビューを見据えて設立されたという背景があります。2人はデビューシングル『硝子の少年』からいきなりミリオンを叩き出すなど、大活躍し、それに伴って近藤にも一定の収益が払われてきたといいます」(前出の芸能記者)

 10月24日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)では、堂本光一(41)が、ジャニーズ事務所に新たにできたジムの話題を切り出し「こんなきれいなビル、誰が建てた? 俺らが頑張ったからやぞ!」と主張し、堂本剛(41)も「名札をかけるようにしてほしい」「KinKiが頑張ったので作りました」と光一の話に乗っていた。

■後輩の頑張りで贅沢不倫!?

 デビューシングルだけでなく、『フラワー』『ボクの背中には羽根がある』など、多数の名曲を歌い、光一は舞台『Endless SHOCK』、剛はドラマ『向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜』(日本テレビ系)など、音楽活動以外でも実績を重ねてきた。

「KinKiKidsの活躍ぶりを見れば、テレビでの発言も納得です。ただ、彼らが頑張った分だけ儲かったはずの近藤は、東京湾に高級クルーザーの上で逢瀬を楽しみ、麻布十番にある会員制の高級寿司店で舌鼓を打つなど、贅沢な不倫デートをしていたと『週刊文春』は伝えています。光一と剛は、報道を見て、こんなことに自分たちの稼いだお金の一部が使われていると知り、怒ったとしても不思議ではありません」(前出の芸能記者)

 同誌では、近藤が不倫相手を故・ジャニーズ喜多川氏の誕生パーティーに招いたことも報じている。

「自身が主催だということもあって、女性に自分に権力があるところを見せつけたかったのでしょうか。近藤さんは、女性相手だけでなく、後輩にも自分のパワーを見せるときがありますからね」(制作会社関係者)

■V6森田は「レッカー報告」で大激怒される

 近藤の餌食になったのは、V6の森田剛(41)だった。2005年10月放送バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』(フジテレビ系、2018年3月終了)の人気コーナー『数取団』の登場シーンでの一言がきっかけだったという。

「森田さんは、このコーナーでの極楽とんぼ・山本圭壱さん(52)が扮する光と同じ衣装で登場。大声でがなり過ぎていて、なんと言っているかわからないような自己紹介をした後、急に声のトーンを落として、“あのー、すいませんが、マッチさんの車がレッカーされてました。よろしく!”と決めて、笑いを取っていました。

 他愛もないと思えるバラエティ番組でのひと言ですが、近藤さんは森田さんの発言を聞きつけると大激怒。森田さん本人だけでなく、マネジャーも呼び出して“先輩をネタにするとは何事だ!”と、ものすごい剣幕で叱りつけたといいます」(前出の制作会社関係者)

 番組を盛り上げようとした一言で大打撃を食らってしまった森田。

「森田さんはあの一言でしっかりウケているんです。それなのに、後から軽く文句を言う程度ならまだ分かりますが、ガチンコでめちゃくちゃ怒り、事務所内で大問題にしたそうですからね。さすがに森田さんが可哀相ですよね。こうした言動は他にもあったようで、タレントとしての功績は尊敬できるものの、人間としての後輩からの評価は高くなく、不満を持つ後輩もいるようです。

 後輩の儲けを分けてもらっているのに、些細なことを許さないほど偉ぶっているのでは、後輩たちはついてこないですよね。それに加えて不倫で事務所に損害を与えたのですから、藤島ジュリー景子社長、そして“母親”とも言えるメリー喜多川氏が無視できなかったのも頷けます」(前同)

“一番野郎”を自負した男は、裸の王様だったのかもしれないーー。

関連リンク

  • 11/22 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 明らかなデキレース。てか、母親ってウケる(笑)

  • かず

    11/22 14:15

    マッチがジャニーズ事務所をクビにならない理由は昔、レコード大賞を取る際にお母さんの遺骨を盗まれた事件があり、その事件が未解決の為とか言われてますよね。おかげでジャニーズ事務所初のレコード大賞受賞歌手だから、チヤホヤされてたんだよね…

記事の無断転載を禁じます