大人の恋愛には距離感が大事!「居心地の良い距離感の保ち方」とは

拡大画像を見る


彼とよい関係を気づいていくためには、居心地のよい距離感が大切とよく耳にしますよね。居心地のよい距離感は人によって違うかもしれませんが、お互いを理解して距離感を意識することは大切といえるでしょう。今回は、大人の恋愛に欠かせない「居心地のよい距離感の保ち方」について見ていきましょう。


(1)あまり干渉はしないようにする

好きな男性がどんなことをしているのかなどは、気になるという女性も多いでしょう。しかし、男性は干渉されすぎると「窮屈だな」と感じてしまうこともあるようです。干渉はほどほどにして、心地よい関係をつくっていくことが大切でしょう。


(2)ありがとうを素直に伝える

付き合いが長期化すると、つい「ありがとう」といった感謝の気持ちを、あまり言わなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。どんなに仲のよい関係になっても、素直に感謝の気持ちを伝えることは大切といえるでしょう。言う方も言われる方も、お互いに居心地のよさを感じることができそうです。


(3)行動を制限しすぎない

彼の行動を制限して、束縛のような行ためをしてしまうことはありませんか?干渉と同様に、男性にとって「疲れた…」と思ってしまうような距離感になるリスクも。ほどよく放っておく余裕も、大人の恋愛には必要かもしれません。


(4)連絡はほどほどに

居心地のよい関係を作りたいのなら、連絡をする頻度も注意が必要。24時間ずっと連絡を取り合っていたいと思っても、彼はほどよい頻度で充分と思っている可能性もありそうです。連絡はほどほどにすることも、心地よい関係づくりで重要になるでしょう。


まとめ

彼と心地よい関係を築くには、お互いを理解することが大切といえるでしょう。彼のことを信じて、ほどよい距離感を保つ意識をしていきましょう♡
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます