がんと闘う4歳児のため、はしご車で5階病室へ 消防士の父の同僚が窓越しにエール(米)

拡大画像を見る

米バージニア州ポーツマス市で消防士として働くレヴィン・ターナーさん(Levin Turner)はこれまでの14年間、人命救助に全力を尽くしてきた。そんな父の背中を見てきた息子のノーラン君(Nolan Turner、4)の将来の夢は、父親のような立派な消防士になることだった。

しかし昨年9月、ノーラン君はがんの一種である悪性リンパ腫の診断を受けてしまった。以来、ノーラン君の闘病生活が始まり、隣町のノーフォーク市にある小児病院「King’s Daughters」で入退院を繰り返した。

入院生活中に新型コロナウイルスのパンデミックが始まり、ロックダウン中は両親しか面会することができなかった。他の人にも会えず、辛い治療ばかり続くノーラン君はすっかり気が滅入っていた。そこでレヴィンさんの同僚たちがノーラン君を元気づけるために立ち上がった。

レヴィンさんが所属する消防署と病院のあるノーフォーク市の消防署が協力し、ノーラン君のいる5階の病室まで消防車のはしごを伸ばし、窓越しにエールを送ることにしたのだ。消防士らは手書きの応援メッセージを書き、スペシャルゲストとして「キャプテン・アメリカ」の衣装も用意して準備を進めた。

そして今月13日の午前、はしごを伸ばして病室の窓に到着するとノーラン君は驚いたもよう。窓の外では憧れの消防士たちが「すぐに良くなるよ!」「消防士はみんな君を応援しているぞ」などメッセージを掲げており、さらには大好きな「キャプテン・アメリカ」にも対面できてノーラン君は大喜びしたという。ノーラン君はレヴィンさんの携帯電話で、消防士たちとの会話も楽しんだ。

レヴィンさんは「息子の笑顔を見て、思わず涙が出ました。私には5人の子がいますが、ノーランだけが唯一消防士になりたいと言ってくれていて、消防士たちのサプライズに喜んでくれたことが本当に嬉しかったのです。同僚たちのエールが息子に笑顔を取り戻してくれました。みんなには本当に感謝しています」と明かした。

ノーフォーク消防署のキャプテンで、2児の父親でもあるジャレッド・セルジさん(Jarrod Sergi)は「15分か20分くらいの時間でしたが、ノーラン君は病院にいることを忘れられたんじゃないかなと思います。少しでも治療のことを忘れられたのなら、ここまでやった甲斐があり、私たちも嬉しいです」と話している。

画像は『InspireMore.com 2020年11月19日付「Firefighters Lift 4-Yr-Old Cancer Patient’s Spirits With Special Hospital Visit.」(Facebook)(WKYC)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/21 19:51
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます