中居正広、職権乱用スレスレ?「スペオキ」“野呂佳代びいき”が異常!

拡大画像を見る

 元AKB48でタレントの野呂佳代(37)が18日、TBS系バラエティ番組『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』の緊急生放送に出演し、テレビディレクター男性との婚約を発表。野呂の名前はツイッターでも一時トレンド入りし、大きな話題を呼んだ。

 この反響の立役者となったのは、何を隠そう、同番組のMCを務める中居正広(48)である。放送前より「人気芸能人が婚約発表!」というあおりで視聴者の関心を集めていたが、ふたを開けてみれば、その「人気芸能人」とは、同番組にも“ラブ子さん”としてサブレギュラー的に出演してきた野呂だったというオチだ。

 豪華な金屏風が用意された会場に艶やかな晴れ着姿で登場した野呂は、「このたびはこのような時間を設けさせていただきまして、大変ありがたいとともに、大変申しわけございません。すごくうれしいんですけど、“人気芸能人”という重圧に耐えきれず、先に謝罪が出ました」と恐縮しきりだったが、そこは百戦錬磨の中居。あえて冷静な仕切りで司会に徹し、シュールな“コント会見”の体で番組を成立させてしまった。

■菊地亜美も嫉妬する!中居正広の野呂佳代への溺愛ぶり

「放送後、野呂は自身のブログで“最後、自分の楽屋に帰ってくるまでドッキリだって、知りませんでした”と明かしており、本人にも事前に詳細は知らされていなかったようです。広い会場に記者は5人だけという絵面も含めて完全にネタ感満載の会見でしたが、今回の放送を見る限り、中居は相当、彼女を気に入っているようですね」(女性誌記者)

 AKB48卒業後の野呂は、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)や『ゴッドタン』(テレビ東京)など各種バラエティに出演し、ぽっちゃり&いじられキャラとして活躍。軽快なトークと持ち前の愛嬌でMCを務める芸人たちにもかわいがられてきたが、中居も例外ではないという。

「リアクションが良く、いじりがいのあるキャラクターが中居好みなのでしょう。彼女は、昨年3月まで放送されていた日本テレビ系『ナカイの窓』にも何度か呼ばれていますし、この『~ラブ子さん』でも、中居と息の合った掛け合いを見せてきました。基本的にMCにキャスティングの権限はないはずなのですが、中居は多数の冠番組を持っているだけに、その影響力は甚大。野呂と同じようなポジションにいるタレントの菊地亜美(30)も、この日の放送の中で“中居さんの今のお気に入り野呂さんなんですよ。野呂さん、中居さんの番組でしか見たことない”と嫉妬心をむき出しにしていました」(前同)

 なにより、このような形で“異例の生放送”を行ったこと自体が、中居が野呂を寵愛している証だという。

■中居が野呂に“やりすぎ”サプライズを仕掛けたワケ

「番組としてゴールデンタイム初進出というタイミングで、わざわざ尺を削って生中継するなんて、普通は大御所でもやりませんよ。しかも、中居自ら出張って仕切り、自分が独立会見を行った際に使ったお手製の“フラッシュの点滅にご注意ください”というプラカードまで手渡す周到ぶりですから、中居の“野呂びいき”は推して知るべしです。

 今年1月20日に放送されたTBS系バラエティ番組『中居くん決めて!』(現在は放送終了)の中で、野呂が“彼氏を公表しても全然話題にならない”と嘆いたことがあったのですが、もしかして中居はそれを覚えていたのかもしれません。コント形式のいじりに“やりすぎ”という声も一部で出ましたが、結果的に多数のマスコミに取り上げられることになりましたし、タレント的にはおいしい結果になったのではないでしょうか。さまざまな場数を踏んできた中居流の粋な演出ですね」(同)

 37歳にして将来の伴侶を得ると同時に、日本を代表するMC・中居の“スペオキ”となった野呂。これで将来は安泰!?

関連リンク

  • 11/20 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます