NHK朝ドラ「前代未聞の降板」高杉真宙の「横浜流星と因縁2200日」

拡大画像を見る

 芸能界に衝撃が走った。若手俳優の高杉真宙(24)が、21年放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の出演を降板し、現在の事務所も4月21日で退社することを、11月17日発売の『女性自身』(光文社)が報じたのだ。

 スキャンダルや体調不良ではない、自主的な降板は前例がなく、関係者は驚いているという。

「朝ドラだけではなく、高杉は09年にスカウトされた現事務所も来年4月21日で辞める。『女性自身』の記事では、退所の理由の1つとして、横浜流星(24)と、所属事務所の後輩である岡田健史(21)の2人の名前を挙げて報じていますね」(女性誌記者)

 記事では関係者が「話題作に続々と名を連ねる岡田さんの活躍を目の当たりにして“なぜ岡田くんばかり……”と、嫉妬が募るようになった」と明かしていたほか、横浜と高杉の関係についても、同学年であることや、横浜主演の今年のドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)で共演したことから、「躍進ぶりに胸中穏やかではなかったようです」とコメントしていたが……。

「横浜と高杉の関係は『わたどう』どころじゃないですよ。もはや運命的というか……なにせ、高校が同じで、出世作もほぼ同時期の『戦隊ヒーロー』と『仮面ライダー』でしたから。当時から“同級生コンビ”として扱われていて、特撮俳優ムック『NEO HEROES』(メディソフト)では、2人で浴衣を着て表紙も飾っています」(前同)

■横浜は『トッキュウジャー』で役者に目覚めた

 高杉は13年10月~14年9月放送の『仮面ライダー鎧武』(テレビ朝日系)で、主人公(佐野岳)を慕う後輩ライダー・呉島光実(くれしまみつざね/通称・ミッチ)」を演じていた。

 一方の横浜は、14年2月~14年2月の『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で、気分次第で行動するクールガイ、ヒカリこと『トッキュウ4号』を演じていた。同作では、メンバー全員が小学生時代の幼なじみだが、それ以降の記憶が失われていて……というドラマ面も色濃く描かれていた。

 ちなみに14年3月には、『烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル』として、高杉と横浜の絡みは少なかったが、クロスオーバーをしたこともある。

「2人にとっても、現在のキャリアに大きな影響を与えた作品です。横浜は特技の空手をトッキュウジャーの生身アクションで披露してキレの良さが評価されましたが、それだけではない。役者としての覚悟を決めたのも本作です。19年7月の『愛唄 ―約束のナクヒトー』トークイベントで、“トッキュウジャーでこの世界で生きていこうと決めた”“自分の原点”としています」(特撮ライター)

 ちなみに、トッキュウジャーの主人公は志尊淳(25)。いまとなっては、連ドラ主演クラスの2人が出演していた豪華作品である。

■高杉は17歳当時から「二面性」の演技が大絶賛

 一方の高杉も、『鎧武』の演技が、後の作品での立ち位置を決定づけたといえる。

「純粋に主人公を慕っていた初期から腹黒い二面性を見せていたんですが、話が進むにつれてどんどん主人公と関係が悪化し、理想を押し付ける兄に“最後は僕のために犠牲になってよ”と葬ったり(幸い生存した)、だいぶエキセントリック。最後は、結局何もかもを失ってボロボロに泣き崩れる、というキャラでした。ギリギリで一線は超えなかったため、後日談では贖罪に励み、本当の意味でヒーローとして活躍していますが、当時は狂気じみた演技が大好評でしたよ」(前出の特撮ライター)

 こうした二面性の使い分けや、あまりに哀れに取り乱す姿を見せる演技からなのか、高杉はその後、同じようなダーティな役も舞い込んでいる。

 15年の『ゴーストライター』(フジテレビ系)では、「頭脳明晰な少年だが、学校では教師のパソコンをハッキングして試験問題を漏洩するなど数々のトラブルを起こす高校生」、今年の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)では、「実はテロ計画の黒幕で、主人公と狂気の笑みと涙でクライマックスを盛り上げる」

 という、重要な役を演じていたのだ。

■アクションの横浜と、狂気の高杉

「18年に映画『虹色デイズ』で、横浜と高杉は共演しています。この際も、『ローリエプラス』のインタビューに横浜が“真宙とは同級生です”としていたり、高杉がお互いの関係を“もう、陰と陽です”と話して横浜に“そうです。わかりやすく言えばもう、そうです”と同意されたり、気心の知れた様子を見せていましたね」(専門誌記者)

 横浜は『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)で、やはりキレのあるアクションを披露したほか、最新映画『きみの瞳が問いかけている』でも、ボクシングをする描写がある。若くてアクションもこなせるイケメン俳優は貴重な存在のため、今後も重宝されていくだろう。

 高杉もまた、この若さで『絶対零度』のクライマックスでベテランで演技派の沢村一樹(53)と対等に渡り合える演技力を持っている。

 同時期に特撮俳優としてブレイクし、一般ドラマや映画でも活躍する同級生の2人。今回、高杉が退所の理由に、横浜の活躍ぶりを挙げたというが、自分を高めていくために必要な存在だということなのかもしれないーー。

関連リンク

  • 11/17 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ユウキ

    11/18 17:27

    トッキュウジャー自体は見た目通り酷い戦隊だったけどなぁ。

記事の無断転載を禁じます