大人になっても水族館に行きたい!新江ノ島水族館で大人の楽しみ方♪

拡大画像を見る

子どもの頃に一度は行く水族館、大きくなるとなかなか行かなくなりますよね…水族館に行きたい!でももう大人だし行きづらい!そんな方も多いと思います。今回はそんな方におすすめの新江ノ島水族館の大人な楽しみ方をご紹介したいと思います!


新江の島水族館とは



新江の島水族館は2004年にオープンした遊びながら楽しむことができる、本格的なエデュテインメント型水族館です。入場料金は大人2100円と映画一回分と同じぐらいの値段で館内全体を楽しむことができます!


1. まるで動く絵画、フォトジェニックを楽しもう!



まず江の島水族館の魅力として挙げられるのは、その展示方法です!水槽の中は芸術の世界。一つ一つどの水槽にもテーマがあり、背景と海の生き物達がいることで完成する様子は、まるで動く絵画のようです。



水槽の中だけでなく水槽の形も、その海の生き物に合ったデザインで展示されており、まるでオブジェの様な美しさがあります。水族館にいるはずなのに展覧会にいるような雰囲気も楽しめます。


2. 海の中にいるような気分を味わおう!



新江の島水族館二つ目の魅力は、陸上にいるはずなのにまるで海の中にいるような感覚を味わえる工夫です!新江の島水族館は、上の写真の様な変わった形の水槽がいくつかあります。

この水槽は自分の頭の上を海の生き物たちが通る仕組みになっており、海の中を下から眺めることができるのです!それは、まるで海の中で海の生物たちと一緒にいるかのような感覚を味わえます。



新江の島水族館の目玉、相模湾ゾーンでは普段海の中でしか見ることができないイワシの大群を見ることができます!イワシの大群はまるで何かを形どっているかの様。

この様子を見ることができるのは、この相模湾の水族館を自然の状態になるべく近づかせるために造波装置を使って、絶えず波を作り出しているからなのです!このような細かい仕掛けが、海の中にいるような感覚を作り出しています。


3. まるでクラゲの展覧会、神秘的な安らぎを楽しもう!



新江の島水族館三つ目の魅力は、見ているだけで疲れが癒される「クラゲファンタジーホール」です!ここのゾーンでは14種類のクラゲを展示しています。ここ「クラゲファンタジーホール」は、他のゾーンとは雰囲気がガラリと変わっており、神秘的かつ癒される空間が漂っています。



クラゲの体内をイメージし作られた「クラゲファンタジーホール」の癒される空間。壁に敷きつけられた水槽の中でふわふわと動くクラゲは、まるで美術館に飾られた絵画の様。見ていると疲れがどんどん癒されていきます。



ここ「クラゲファンタジーホール」はちょうど館内に入り、足が疲れてきた場所にあり「待ってました足を休ませてください!」とばかりにソファが置いてあります。これも「クラゲファンタジーホール」の大人が楽しめる魅力の一つ!ぜひクラゲに癒されながら、足を休ませてみてください♪


4. 大人の子ども心をくすぐる仕掛けを楽しもう!



新江の島水族館の大人も楽しめる最後の魅力は、大人の子ども心をくすぐる仕掛けです♪新江の島水族館には、あらゆる所に小さな仕掛けが施されています。

例えば子扉を開けないとみることができない水槽は、大人でもついつい中が気になってしまいます。子扉を開けてどんな海の生物がいるのか、全部開けたくなってしまう!という心をくすぐる仕組みが施されています。



また冬の海の妖精クリオネの展示は、ただ見るのではなく自分で虫眼鏡を当てることで見ることが出来る、というようなちょっとした仕掛けが施されています。

どの展示にしても一つ一つが心をくすぐる仕掛けが施されており、ただ見て歩くだけでなく自分から探したり動いたりすることで、海の生物を楽しめるのが新江の島水族館の最大の魅力なのです。


大人でもまだ遅くない、新江の島水族館でもう一度新たな楽しみ方を探してみよう!



いかがでしたか?今回は新江の島水族館の大人の水族館の楽しみ方をご紹介しました。大人になると、子どもの時の新しい発見の喜びや小さな楽しさとかを忘れてしまいがちだと思います。

そんな時には初心に帰って、お父さんお母さんと一回は行ったであろう水族館…、ぜひ新江の島水族館に訪れてみてください。新江の島水族館には大人だからこその楽しみ方、そして小さな発見や気づきの楽しみがあるはずです。


【新江の島水族館】
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19−1
電話番号:0422-29-9960


<スポット情報>
新江ノ島水族館
住所: 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話: 0466-29-9960

関連リンク

  • 11/26 21:44
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます