マツコ、タイ移住を真剣に考える「賢明な判断だったと思います」

拡大画像を見る

10月31日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ、23時00分~)では、人気リゾート・タイに移住し、新しく起業した人たちと中継をつなぐ。マツコは、タイには行ったことがないものの、タイでの移住生活は夢の一つでもあるという。タイ生活を妄想するマツコの仰天プラントとは…。



まずは、リゾート地・パタヤでタイ語と日本語の語学学校を経営しているという石井さん。母親がタイ人と聞き、「だから…エキゾチックビューティーなのよ」と納得のマツコ。石井さんの背景に見える庭の景色に「私、ああいうところに住みたくてしょうがない」とつぶやく。マツコのリクエストで、そのご自慢の豪邸を早速拝見する。

客間を見せてもらうと、その素敵な雰囲気に「ラストエンペラーみたい!」と早速食いつくマツコ。22歳まで日本で過ごしその後タイへ移住したという。その時はまだタイ語が苦手だったという石井さん。その後、どうやってタイ語を習得し、ビジネスが成功したのか?



続いては、バンコクでコーヒーショップを経営している廣瀬さん。早速「なんでわざわざタイでコーヒーショップなの?日本でもできるじゃん。」とマツコ。実はタイはコーヒー生産国で、最近世界中から注目を集めているのだという。その廣瀬さん自慢のコーヒーショップの年商とは?驚きのタイの起業事情も明らかに。さらに、タイで知り合ったという奥様も登場。タイでの一か月間の生活費とは。


最後は、昨年バンコクに移住した元テレビマンの田中さん。テレビ局を辞めて移住した田中さんに対し、「賢明な判断だったと思いますよ。テレビ業界よりはバンコクの方が希望の光がね」と納得するマツコ。田中さんがマツコと同い歳(48歳)だと知り、「よく行ったねアンタ、その勇気だけはスゴいわ」と絶賛。さらに、タイ移住で手に入れた豪華な自宅も紹介。そして、「もうちょっと落ち着いたら、住めるかどうかのチェックを含めてじっくりタイに行く」とタイ移住を真剣に考えるマツコだった。



関連リンク

  • 10/31 8:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます