600万円強盗被害の里美ゆりあに取材記者が感じた「違和感」とは? 緊迫の一部始終「すべてがデキすぎている…」

拡大画像を見る

 東京目黒区で起きた“タワマン強盗事件”の被害者として、有名セクシー女優の里美ゆりあがメディアの取材に応じている。

 強盗事件が起きたのは26日午前10時半ごろ。現場は東京・中目黒駅前の高級タワーマンションで、里美の部屋に宅配業者を装った2人組の男が訪れ、部屋に通したところ「1億円持っているだろう」と押し入られ、現金約600万円が奪われた。 その後、運転役とみられる男とともに犯人は車で逃走したが、5時間後に神奈川県内で確保。車内からは現金400万円が見つかったが、残る200万円は不明。里美と少年3人に面識はなかったという。

 里美は27日、自身のYouTubeチャンネルで事件当日の状況を回顧。里美は「本当に怖かったです」「インターホンでは1人だった」などと述べた。犯人ともみ合いになり、腕や膝には傷跡も。相手に「殺すの?」と聞いたところ「殺さない」「俺らはとにかく1億円持って帰りたい」と返答があったことなどを明かした。里美は2014年6月に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘され、1億7000万円の追徴金を課されている。犯行グループは里美が脱税をしていて現金があると思い込んでいたという。

 一方、事件を取材した記者からは“違和感”も……。スポーツ紙記者が明かす。

「なんというか、すべてがデキすぎなんですよね。犯行グループを捕まえたら全員未成年なんてことあります!? 少年法が適用されるので、罪は成人した人より軽くなるわけですしね。里美さんにはあらゆるメディアからインタビュー依頼が殺到しましたが、本人はほぼほぼすべてのオファーを二つ返事で受諾していまして、幸い心の傷は軽いようには見受けられましたが…」

 前回の申告漏れは自宅に置いていたタンス預金がバレて、追徴金を支払うハメになった。里美はそこで税金というものの存在を知り、以来、税理士に金銭面は任せていたと主張しているが、なぜ自宅に600万円もの大金を置いていたかは謎だ。銀行に預けておくのが一番安心な気もするのだが……。

 盗まれた600万円のうち、早々と200万円の所在が不明になっていることも引っかかる。一般紙社会部記者は「押し入った少年たちは耳にイヤホンをして、主犯格とみられる人物から指示を受けていたそうだ。里美さんの自宅をピンポイントで狙うあたり、顔なじみの犯行だろうと推測する人間もいる。ただ、里美さんは少年たちと面識はないと言っており、主犯格に心当たりがあるかはわからない」と推察する。

 里美の住むタワマンにはコンシェルジュが駐在し、1階には交番も設置されている。前出記者はここでも「ここまで大胆な犯行がバレないものなのか」と首を傾げる。

 世間はこれから年末調整のシーズンに突入し、年が明ければ確定申告がスタートする。国税は主にセレブのフトコロ事情に目を光らせるわけだが「今回の強盗被害で里美さんはやりづらくなったことは確か」(国税担当記者)。里美も汗水たらして稼いだお金がこんなことになるなんて思いもよらなかっただろう。命があるだけマシと考えるしかない――。

  • 10/29 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • インスタやSNS等でも簡単に顔出す人達いるからね。コンビニ店員はわからないけど、人助けした高校生や社会人等顔や実名報道するのも結局本人や親次第でしょ。確かにマスゴミは被害者の方々の顔晒しまくり実名報道するくせに、凶悪犯の顔出さなかったり、韓国人は通名報道で本名出さない等狂ってはいるけど(笑)ま、警察ですら人により同じ犯行でも逮捕したり、しなかったり、明らかな起訴を不起訴等鬼痴害体質だから仕方ない

  • 脱走兵

    11/1 10:29

    マスゴミのほうが問題だろ。たとえ本人が顔出しを希望しても報道側に常識や想像力があればそんな報道はしないはず。振り込め詐欺を撃退したコンビニ店員を実名報道した時と同じ。そっちに違和感を感じないほうがどうかしてる。

  • なるほど。AV女優だったんだ。 普通首から下だけ撮すとか、顔ぼやかすとか何かするのに、顔ガッツリ撮らせその間放送って、おかしいと言うか違和感あったんだけど。 まして脱税が過去にあったなら、尚更顔は晒したくないのが普通だよね。しかし今もAVやってるなら、売名の為顔出すのも納得だけど、今は違うなら、顔出すのは誰得なんだろう?

記事の無断転載を禁じます