カズレーザーの「嘘」にハライチ澤部ガクブル!オードリー若林もぼう然

拡大画像を見る

 10月19日放送の『しくじり先生』(テレビ朝日系)にメイプル超合金のカズレーザー(36)が出演。これまで国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』や、ゲームメーカーSEGAのメガドライブなどのしくじりを紹介してきたカズレーザーが、今回は「ガセネタに踊らされないための授業」を繰り広げた。

 カズレーザーは、開口一番「最近、世間を騒がせたニュースがあったの、皆さん覚えてますかね?」と、今年の3月頃に起こったコロナ禍でのトイレットペーパー品切れ騒動を取り上げた。

 この騒動は、SNSなどで「マスクとトイレットペーパーの原料は同じだから品切れになる」「中国製の輸入ができず品切れになる」などのデマ情報が拡散され、そのデマを信じた一部の人が買い占めたのが原因だと説明。個人で気軽に情報を発信できる今の時代、情報の真偽をしっかりと見定めることが重要だが、オードリーの若林正恭(42)は「(情報の)裏取りの取り方があんま分からなくて、結局ネットでも調べても“事実だ”ってなってたりするから」と判断の難しさを嘆いた。

 そんな人のため、世界中のガセ情報、フェイクニュースなどを調べるのが好きだというカズレーザーが、実際に起きた騒動からガセ情報拡散のメカニズムを考察。

 実際に過去に起きた騒動をもとに、人間はネガティブな情報のほうを信じやすいという理論や、小さな嘘が集まることでとんでもないガセ情報になるという理論、一部の情報だけを見てすべてを判断しがちだという理論の3つを紹介した。

■思わぬどんでん返しにハライチ澤部、悲鳴!

 これにハライチの澤部佑(34)や平成ノブシコブシの吉村崇(40)は感心した様子で聞き入っていたが、実はこれはカズレーザーが考えた嘘の理論だった。

 それを告げられた澤部は「ええ~!」「怖い怖い怖い」「信じちゃってんだよ。カズのことは!」と絶叫、若林も「ちょっと待ってよ」「なるほど~とか言っちゃったけど」とあっけに取られると、カズレーザーは「なるほどってフェイクニュースに加担してました、今」と厳しく指摘した。

 最後に特大の嘘で出演者たちにガセの怖さを語ったカズレーザーに、視聴者もまんまと騙されたようで、「カズレーザーはこういう説明やっぱうまいな……事前に言われてたのにまんまと嘘にはまっちゃった」「俺、完全に踊らされたわ(笑)」「カズレーザーさんは、何でも知ってるイメージなので、最もらしく解説されると説得力あり過ぎ」「秀逸な虚構だった」「度肝抜かれた」「カズレーザーが極悪人だったら天才詐欺師になれるな」「カズレーザー回は毎回面白い」など、称賛の声が上がった。

 放送終了後、カズレーザーは自身のツイッターで視聴者が番組中に嘘と気づかないよう、別アカウントで嘘の理論をさりげなく発信していたことを明かしていた。カズレーザー、恐るべし!

関連リンク

  • 10/26 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    10/26 12:28

    そこだけ見た人が、信じて実践しちゃうよね。

  • 脱走兵

    10/26 12:24

    そしてネット上では『実は嘘でした』という部分だけカットされて独り歩きしていく。

記事の無断転載を禁じます