坂上忍、「権限剥奪」1か月もたず限界!?「ムカッ」放送事故の裏側!

拡大画像を見る

「始まってまだ20日と少し。早くも坂上さんの腹の中にストレスが湧いているのは間違いないですね……」

 フジテレビで働く制作会社関係者がそう話すのは、10月22日に放送された坂上忍(53)がMCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)でのこと。芸能活動を再開させた俳優の小出恵介(36)を特集した際、坂上が番組構成などについて突如、疑問を呈する場面があったのだ。

 この日の放送では、2017年6月に未成年女性との飲酒などが報じられ、無期限活動停止していた小出が、今年8月にMISIA(42)らが所属する芸能事務所と専属契約を結び、来春公開の映画『女たち』に出演することについて取り上げた。

『バイキングMORE』では、映画プロデューサーの奥山和由氏に電話インタビューを行い、小出が「何でもやらせてほしい。通行人でも構わない」と俳優活動再開に熱い思いを抱いていたというエピソードを紹介。

 これに坂上は、「現実として、小出くんはハメられたんじゃないかと一部報道はありましたが、その真実というものに対して明らかにする行動がなかったのは事実」と、小出が会見を行うなどの説明責任を果たしていないと指摘したのだ。

「番組は、凄まじい熱意とともに再起に臨む小出を応援するような内容になっていました。坂上さんはその構成に疑問を抱いたのではないでしょうか。

 この特集が終わる間際には、“このコーナー自体の構成にはなはだ疑問”、“そこらへん(説明責任)を抜きにしてどうやって“小出くん頑張れ”ってことを僕が言えるのか”と語ったんです」(前同)

■小出にではなく番組構成に疑問を呈す

『バイキングMORE』(前『バイキング』)では、これまでさまざまな芸能人のスキャンダルを厳しい論調で取り上げてきた。そういった経緯もあり、坂上は小出について「やっぱり説明責任を果たすべき。できれば会見を開くべきだ。FAXでもいいから、詳細を語る努力をすべきだっていうのは圧倒的に多い中、その部分はすっぽり抜けてしまっている」と指摘。

 さらに「一番の根幹がすっぽり抜けている人に対し、小出くんうんぬんではなく、それを僕が言ったら、さらし者になってまで説明した人へ顔向けできない」と続けた。

「坂上さんは会見やFAXで説明責任を果たしていない小出さんを責めているのではなく、小出さんを全面的に応援するような流れになっている番組構成に納得がいっていない様子で、“この根幹なくして彼を語ることはできない”ときっぱりと言い放ちました。坂上さんの言葉に、スタジオにもピーンとした緊張感が漂っていましたよね。

 たしかに坂上さんが言っているのは極めて正論で、これまでスキャンダル後に復帰した芸能人の多くが、会見やFAXで経緯を説明してきましたからね。そこを番組が指摘せずに取り上げなかったことが、我慢できなかったのではないでしょうか。

 これまでの『バイキング』では、坂上さんが番組で取り上げる内容を決めてきたので、番組の生放送中に坂上さんが構成について疑問を呈することはそれほどなかった。しかし、『バイキングMORE』にリニューアルしたことで、番組の体制が大きく変わり、こういった事態になってしまったのでしょう」(前出の制作会社関係者)

■パワハラが発生しない体制に変わったものの

 2014年4月にスタートした『バイキング』だが、9月28日より『バイキングMORE』にリニューアルし、再スタートを切った。

 これまでの『バイキング』は、バラエティ番組を手がけるフジテレビの編成制作局制作センター第二制作室が担当してきたが、リニューアル後はニュースや情報番組などを手掛ける情報制作局が担当している。

「今までの『バイキング』では、坂上さんがどのトピックをどの程度の時間取り上げるかなど、番組の進行をすべて決めていました。本番終了後、翌日や翌々日担当のディレクターが、企画内容のおうかがいを立てるため、坂上さんの楽屋には毎日行列ができていたほどでした。

 また、時には当日の朝7時にそれまで進めてきた番組内容を“全部やり直し”と言われることもあった。こういったことが積み重なり、坂上さんの“パワハラ疑惑”が週刊誌などで報じられてしまったのです。

 ただ、『バイキングMORE』になってからは、基本的に取り上げる内容は、制作サイドが決める体制に変わった。もちろん、坂上さんと意見のすり合わせなどはあるのでしょうが、情報制作局が主導する形で番組作りが行われるようになったんです。だからこそ、本番中にもかかわらず、坂上さんが番組の構成に疑問を呈することになってしまったのではないでしょうか」(前同)

■坂上が『バイキング』から降板することも

 放送作家はこう話す。

「番組のリニューアルからまだ1か月も経っていないですが、すでに坂上さんは“結局、自分がしっかりと目を通さないとバランスを欠いた番組になってしまう”と、現在の体制に限界を感じている可能性もありますね。特に今回の一件での坂上さんの言葉は、非常に的を射ている。だからといって、以前のような坂上さんがすべてを決める体制に戻ることはありえません。

 テレビ各局はコンプライアンスを重視していますから、再びパワハラ疑惑などを報じられるわけにもいきませんからね。そのため、坂上さんが現在の制作体制とどう折り合いをつけていくのか、番組関係者の間では注目が集まっています。

 坂上さんの意見がもっと通るようになるのか、それとも坂上さんの意向が反映されることは今後もないのか……。ただ、後者の場合、坂上さんは番組への意欲をどんどん失っていき、いずれはMCを降板する、という選択をする可能性は高そうです」

 再び坂上が、生放送中に“爆発”する日は近い!?

関連リンク

  • 10/26 7:27
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます