「旅行中、彼がしたコトに耐えられなくて…」温泉旅行で露わになった、男と女の相性とは

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「一緒に温泉旅行へ行った途端に彼女の態度が変わった理由は?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:「一緒に暮らすはずだったのに…」同棲の約束までしていたのに、女が直前で逃げたワケ


—ダメだ。もう限界だ・・・。

何度、心の中でそう叫んだだろうか。

和人とは、交際して9ヶ月になる。彼は34歳で、私は30歳。仕事も順調だし見た目もいいし、最初はこのまま交際をして結婚するのだろうと当たり前のように考えていた。

だが温泉旅行へ行き、私は急に冷めてしまった。旅行中、彼の行為に“この人とは結婚できないな”と悟ることになったのだ。



和人と出会ったのは、友人に誘われて参加した一泊二日のプチ旅行だ。

長野県の方まで足を伸ばし、男女数人でワイワイと(勿論男女は別室である)コテージに泊まったのだが、そこで一人でテキパキと準備をする和人に心惹かれた。

「和人さんって、よくお料理されるんですか?すごく手際が良いですよね」
「料理というか、昔からアウトドアのイベントが好きで。彩未ちゃんは?キャンプとかする?」
「実はあまりした事がなくて。でも興味はあります!」
「そっかぁ。楽しいから、今度キャンプも一緒に行こうよ」

しかしこの時から、私は大切なことに気がついておくべきだったのかもしれない。

一緒に旅行をした際に、女が耐えられなかったこととは?

A1:事前に全て決めておかないと、納得のいかない性格だった。


その後、何度か食事をした後に交際をすることになった私たち。

けれども付き合い始めてまもなくすると、世間では自粛ムードが高まり、お互い仕事もリモートでどこにも行けない日々が続いていた。

「彩未の会社は、いつまでリモート?」
「う〜ん。まだ先が見えないなぁ。和人の方は?」
「僕もまだまだ、かな。早く会社に行きたいんだけどな」
「そっかぁ。まぁ仕方ないよね、今の状況だと」

そんな会話を何度しただろうか。ただこのタイミングで和人が傍にいてくれることは非常に心強くて、私は彼に感謝をしていた。

「私、和人がいてくれて良かったな・・・ありがとう」
「こちらこそ。本当に人生ってタイミングだよなぁ〜」

この頃は外で食事もできなかったし、遠出をすることもなかった。だから私は、彼の欠点とも言える性格に気がついていなかったのだ。

そうこうしているうちに自粛要請も解除されて、外食も復活して外でのデートも増えていった。


—和人:来週金曜は19時にここのお店で。
—彩未:了解!早めに予約してくれてありがとう。


いつもお店の予約を事前にしっかりしてくれている和人。デートのお店は1週間前から決まっていることも多い。(和人はそもそも調べて予約をする・・・という行為が好きなようだ)。

そんな食事中に、彼から突然同棲のオファーがあった。

「そろそろ、一緒に住まない?将来を見据えて」
「え・・・和人・・・本当に?うん、そうしたい」

交際期間約半年。そろそろ次のステップに行くのも悪くない。そう思い、私は大きく頷いた。

そして東京もGo To トラベルキャンペーンに追加されるタイミングで、一緒に温泉へ行くことになったのだが・・・。

「彩未って、何か苦手な食材あった?」
「トマトが苦手だけど・・・でもアレルギーって訳ではなくて、ただ嫌いなだけだから書かなくていいよ(笑)」
「そっか。ちなみに朝食は和食?洋食?」
「あ、今決めた方がいい??」
「うん。前日までに連絡だけど、今のうちに決めちゃおうか」

—今からもう朝食までFIXしないといけないの??早めに決めるねぇ・・・

それくらいにしか思っていなかったものの、この会話で、私は気がついておくべきだった。

楽しみにしていた初めての旅行。しかしこの温泉旅行で、彼との相性が全て分かってしまったのだ。

温泉旅行でバレてしまった“相性”とは!?

A2:臨機応変に対応してほしい。


そして出発当日。朝10時にピックアップに来てもらう約束になっていたのだが、色々と手間取ってしまい、結局私がマンションの下に降りたのは10:05だった。

「ごめんね〜髪の毛がなかなか乾かなくって」

もうこの段階で、和人は少し怒っていた。さらに最悪だったのが、渋滞にはまってしまったことである。

「だから早めに出ようって言ったのに〜」

車内でずっと機嫌の悪い和人に、申し訳ないと思いつつも、たった5分の遅刻さえ許しえてもらえないのかと驚きもあった。

「こんなに混んでいるんだね。ごめん、ちょっと甘く考えていたわ」

想像以上に渋滞がひどく、私たちが箱根へ着いたのは13時前のこと。

「チェックインが15時だから、その前にこの店でランチをしようと思っていたんだけど、もう満席っぽいな・・・ここ、予約が取れないから早めに来るしかないんだよね」

どうやら箱根で行きたいお蕎麦屋さんがあったようだが、私達がそのお店の前に到着した頃には既に人がいっぱいで、入れそうにもない。

「今日はダメっぽいね。和人、明日帰る前に来ない?」
「予定が狂っちゃうなぁ・・・明日は別の店に行こうと思っているから、ここに来る時間はないよ」

—そんなにもしっかり予定を立ててくれていたの?だけどそこまで冷たい態度を取らなくてもいいじゃん・・・

正直、箱根の温泉旅行だし、もっと緩い感じだと思っていた。だが和人の中では全て決まっていたようで、ランチにこのお蕎麦屋さんに入れなかったことで歯車が狂ったようだ。

結局私がググって探した近くの別の名店でランチを済ませたが、そこでもまだ和人はブツブツ言っている。

ここから全く楽しくない温泉旅行が始まったのだ。


「夕飯が18時だから、17時までにはお風呂から上がっておこうか」

宿へ着くなり、いきなりお風呂の時間を指定してきた和人。もちろん夕食の時間は分かっているが、温泉まで来て何故、分刻みのスケジュールなのだろうか。

「さすが、私の準備に時間がかかることよく分かっているね〜(笑)OK。そうしよう」

せっかくの旅行だ。喧嘩はしたくないので極力笑顔を作るものの、私はただただ従うのみ。

「彩未、この後卓球しない? 」
「いいよ!久しぶりだな〜」
「でも今は食後でお腹一杯だから、1時間半後にしよう」

—1時間半・・・別にそこは適当でよくない??

そう思っていたものの、和人はキッチリ1時間半後に卓球を開始し、そして翌朝のスケジュールまで提示されてしまった。

「そういえば明日のチェックアウトは10時だから、朝ごはんを逆算して8時には起きないとかなぁ。って、その時間で間に合う?」

—温泉宿に、何をしに来たんですか?むしろ今は、仕事ですか?

そう問いかけたくなった。私はゆっくりしに来ているし、旅先でスケジュールをギチギチに決められているのが苦手だ。

「大丈夫、急ぐから」

だが、スケジュールの問題よりも私が一気に冷めてしまった最大の理由は、当初の予定通りにいかなかった時の彼の態度と対応能力だった。

急な事態には対応できず、そして計画通りにいかないとすぐに機嫌が悪くなる。

のんびり派の私とは全く価値観が合わないし、せっかくの温泉旅行なのにスケジュールをがっちり組まれていると疲れてしまう。

何があっても臨機応変に対応出来る男性の方が、魅力的だと思う。

—同棲したら、毎日うるさそうだなぁ・・・それに結婚して子育てなんか一緒にしたらもっと厄介で、私とは合わないんだろうな。

二人で毎日喧嘩をする姿が目に浮かんでしまい、この温泉旅行を機に私は別の人を探し始めたのだった。

別に彼が悪いわけではない。ただ私の行動まで全てスケジュール管理される感じが合わないなと思ったのだ。


▶【Q】はこちら:「一緒に暮らすはずだったのに…」同棲の約束までしていたのに、女が直前で逃げたワケ

▶NEXT:10月31日 土曜更新予定
“足長おじさん”の存在がバレた女

【婚活に関するお悩みを大募集!】
~婚活の悩み、もしかしてメイクで解決できるかも? ~

「とにかく婚活に苦戦中」「彼氏を結婚に踏み切らせたい」etc、さまざまな婚活のお悩み。見せ方ひとつであなたの婚活がもっと楽しくなるかも!?
 
皆様のアンケートをもとに作成した記事は、後日東カレWEBで配信いたします!
以下リンクからお答えください。
(取得した個人情報は、当社個人情報保護方針に則し、募集完了後、速やかに破棄いたします)

アンケートはこちらから>>>

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/25 5:06
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます