三浦春馬さん死の重大影響『カネ恋』から消された「大物俳優X」!

拡大画像を見る

 今年7月に亡くなった三浦春馬さん(享年30)の遺作となったドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の脚本家、大島里美によるシナリオブックが、KADOKAWAから10月20日に発売された。

『カネ恋』は、本来全8話の予定だったが、第4話を撮影している段階で三浦さんが急逝。ドラマ全体のお蔵入りも検討されたが、最終的に脚本を練り直すことで全4話の物語として、10月6日に完結した。

「今回のシナリオブックは、本来予定していた全8話分のエピソードが台本形式で収録されています。第4話については、三浦さんの死後に修正したバージョンではなく、本来予定していた第4話のシナリオが掲載されています。帯の“出演者も知らない本当の結末”というキャッチコピーは、やはり哀しさを感じさせますけどね」(女性誌記者)

 同書からは、第4話の「玲子(松岡茉優)が、消息不明だった父親(石丸幹二)に会いに行く」というエピソードまでは、大きな変更点もなかったことが読み取れる。

 しかし、ここで、非常に興味深いある人物の名前が浮かび上がってきたという。

■ベテラン俳優の出演がなかったことに

「ドラマの短縮の影響で1人、存在を抹消されたキャラクターがいたんです。本来の『カネ恋』は終盤で、物語の舞台となるおもちゃ会社『モンキーパス』を揺るがす大事件が起きて、玲子たちが辛い思いをする、という展開があったんですが、その際の重要人物“鷹野専務”というキャラクターが、第2話の時点ですでに登場していたんです」(前出の女性誌記者)

 実際に放送された第2話は、「若手ベンチャー企業の社長・山鹿(梶裕貴)が赤字事業の『わくわくスポーツランド』のリニューアルを新規提案するも、玲子の言葉に理念を思い出した『モンキーパス』社長で慶太(三浦春馬)の父親である猿渡富彦(草刈正雄)が断って破談になる」というストーリーだったが、実はこの商談の場面に、モンキーパスの“鷹野専務”も登場していたのだという。

「山鹿らの会社と、富彦を含めたモンキーパスの役員が4対4で会議室で商談をしている序盤と終盤の場面に“鷹野専務”は登場し、台詞もあったようですが、放送された第2話ではそんなキャラはいなかった。2話撮影の段階では三浦さんは存命で、該当シーンも撮影していたはずなんですよね」(前同)

■鷹野役が誰かは不明

 第2話の該当シーンで映っていた、草刈を除く3人のモンキーパス上層部のベテラン社員たちは、おそらく本来出演していた鷹野専務の俳優ではないと思われる。

「全員、役名のクレジットもありませんでした。鷹野専務は終盤の大きな壁となり、セリフも出番もかなり多い重要人物のため、無名の俳優を使うことは考えにくい。おそらく会議の場面は、三浦さんの死後に役者を変えて撮り直したのでは、と考えられます。この時点の鷹野は、顔見せ程度に出ただけですからね」(前出の女性誌記者)

 鷹野の部下である経理部長(池田成志)が51歳で、草刈演じた富彦が64歳だったことや、専務という役職から、俳優の年齢も50~60代だと考えられる。ほかのキャラクターの過去にも関わる重要な役どころだったことを踏まえても、かなりの大御所俳優が起用されていた可能性は高い。

「誰が演じたのかは明らかになっていませんが、おそらく嫌味な役が似合う俳優のはず。鷹野は脚本で見るかぎり、同局の『半沢直樹』に出ていても違和感のない、分かりやすい悪役でしたからね。

 同じプロデューサーの作品から推測して、『重版出来!』に出ていた生瀬勝久、『グランメゾン東京』の手塚とおる、『99.9』の甲本雅裕、そして大穴で『グッドワイフ』に出ていた博多華丸といった方々の顔が思い浮かびますね」(制作会社関係者)

 全4話で、きれいにまとめたスタッフには感謝しかないが、やはり本来のバージョンも観てみたかったーー。

関連リンク

  • 10/23 12:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    10/27 8:40

    天寿を全うせず自分勝手ワガママにも自ら死ぬ事を選んだ輩、皆の迷惑も考えず死んだ人間のクズの話題は要らない。

  • まる☆

    10/26 12:18

    結局誰か解らんのかい~

記事の無断転載を禁じます