「ダサすぎる」 共産党の居眠り県議 直撃したら「自民党の人も…」とまさかのチクリ 『Live News イット!』

写真はイメージです

10月22日放送の『Live Newsイット!』(フジテレビ系)にて、埼玉県議会の様子を観察したVTRを放送しました。ネットでは、議会中に居眠りをしていた日本共産党の秋山文和・埼玉県議会議員に対し、「居眠りしていても年収1500万円超、税金返せ!」などと厳しい批判の声があがっています。

番組では、『しらべてみたら』のコーナーにて、「勝手に観察シリーズ第3弾」と題し埼玉県議会を取材。埼玉県議会議員は、コロナ禍でも年間1500万円超えの報酬が支給されていると紹介しています。

10月2日、取材班が埼玉県議会の様子を撮影すると、全県議91名中12人が目を閉じていました。中でも、長時間に渡って目を閉じていた秋山県議をクローズアップ。10月2日に続き、10月5日、10月6日、両日の議会でも、10分以上目を閉じ、3日間の議会中、全て寝ていたようです。

関連記事:カトパン、またも声を荒らげる 足立区・白石区議のLGBTに関する発言を巡り 「少子化の原因がLGBTの方々と直結するわけない」 | TABLO

番組ディレクターが、秋山県議に直接話を聞き、寝ていたのかを尋ねると「誰が見てもそういうふうに(寝ているように)見えますね。私としても恥ずかしいこと」と素直に居眠りを認めました。

しかし、その後

「たまに自民党さんの席を見ることはありますけど、目を閉じている方も皆無ではない」

と発言、これに対しナレーションで

「自分も寝ていたのに、他の党の居眠りを告げ口!」

とツッコみを入れられていました。

この放送に対し、Twitterでは当然「年収の1500万円を返せ」などと怒りが噴出。また、この告げ口に対しても不快感を示す声が上っています。

「寝ているだけで年収1500万か。他の党も寝ているって告げ口ダサすぎる」

「見苦しいなぁ…。他人は他人…。こんなのスピード違反で捕まって騒いでいるやつと同じ…」

「さすが共産党議員。自分の事を棚にあげて自民ガー」

「『自分も寝ていたけど自民党さんの方を見ると…』潔い良い告げ口」

「秋山文和は寝てばかり。しまいには他党もやっているからと自己正当化。これで1500万円も貰えるから辞められないですわね」

などと厳しい声が寄せられていました。

参考記事:議会中に延々ネットショッピング!神奈川県議・松崎淳氏に怒りの声が続出 『LiveNewsイット!』が映した醜い「税金ドロボー」の姿 | TABLO

今回の放送では、秋山県議に対して「辞めろ!」といった声が多く見られました。しかし、実際に市民が地方議員を辞職させるには、例えばリコールと呼ばれる方法がありますが、署名集めや住民投票などを経る必要があり、成立させるのは相当難しいようです。

秋山県議に限った話ではありませんが、一度、当選してしまったら、よっぽどのことがない限り辞職に追い込まれる心配はないので、それに甘んじて居眠りなどする余裕があるのかもしれません。(文◎デューク・テルゴ)

あわせて読む:野々村元県議を絶対笑ってはいけないワケ|プチ鹿島の『余計な下世話!』 | TABLO

関連リンク

  • 10/23 11:30
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます