もう「後がない」ジャニーズなのに目立たないA.B.C-Z河合郁人 キムタク、松潤、亀梨ものまねで「一番今が忙しい」

10月に入ってから、連日テレビ番組で見かけるアイドルグループがいる。ジャニーズ事務所に所属するA.B.C-Zだ。彼らはアクロバティックを得意とする5人組グループで、2012年2月にDVDデビューを果たした。今月23日、彼らが初主演する映画『オレたち応援屋!!』が公開されることを受けてメディアへの露出が急増している。

メンバーの中でもよく見かけるのが河合郁人(33)だ。河合は“ジャニーズものまね”を得意としており、これまでも嵐・松本潤(37)、木村拓哉(47)、KAT-TUN・亀梨和也(34)などのものまねを披露してきた。中でも有名なのが、松本潤がダンスを踊っている時のものまねである。

河合は18歳の時から松本潤が『WISH』を踊る時のものまねを続けていて、数多くあるレパートリーの中でも一番の自信作なのだという。多少オーバーではあるが「どこか似ている」と共感できるものまねは松本潤のファンにも好評だ。

そんな河合が、19日に日本テレビ系のバラエティ番組『有吉ゼミ』に出演。激辛坦々麺の完食に挑んだ。河合は番組内でジャニーズなのに目立たない悩みを告白。そして「後がない」「今が一番忙しい」「ゴールデンで輝く姿を母親に見せたい」と語った。

激辛担々麺の完食は叶わなかったが、髪の毛がボサボサになりながらも食べ続ける河合の姿に、ネット上では「A.B.C-Zの河合くん、激辛チャレンジみててなんか応援したくなった」「最近よく見かけるから応援したくなるなー」という声があがっていた。彼の熱意は十分伝わったようだ。

河合が「後がない」と言うように、デビュー組の中でA.B.C-Zの知名度はいまひとつだ。今年3月に発売された8stシングル『チートタイム』の初日売上枚数が2万4841枚に終わるなど、ジャニーズグループとしては異例の売り上げの低さとなっている。

河合は1999年に12歳でジャニーズ事務所に入所し、2012年にDVDデビューするまで長い下積み生活を経験した。ようやくデビューを果たすも、CDの売り上げや知名度が上がらず一部では存続の危機が囁かれていた。

そんな苦境の中でようやく手にした映画主演、そして河合のプチブレイク。ジャニーズといえば、華やかであまり苦労をしていないイメージを持っている人もいるだろう。A.B.C-Zの5人はそんなイメージを覆す苦労の日々を経験してきた。

ジャニーズタレントが「後がない」と発言すること自体が衝撃であったし、何とかして売れたいという彼の意気込みに心動かされた視聴者は少なくないようだ。明るいキャラクターの裏には長い下積み生活と努力があった。ジャニーズなのにジャニーズらしくない。そんな河合郁人、そしてA.B.C-Zからますます目が離せない。
(TechinsightJapan編集部 すぎうら)

関連リンク

  • 10/22 13:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます