分娩で腹部を強く押された妊婦、胎児は身体から頭を切断されて死亡(ブラジル)

拡大画像を見る

ブラジル北部パラー州ベレン市にあるサンタ・カサ・デ・ミセリコルディア病院に今月16日の午前6時頃、妊娠8か月の26歳の女性が救急車で搬送された。女性はかかりつけの医師から胎児の健康に問題があるため、帝王切開で出産するように助言されていた。

しかし搬送された病院の医師は、自然分娩で出産させるという決定を下した。女性の出産に立ち会うため病院に来ていた家族や友人らは、何度も帝王切開で出産させるように医師に伝えたが、医師の決定を覆すことはできなかったようだ。

女性は3時間以上待たされた後、ようやく分娩室に入り出産の準備が整えられた。しかし赤ちゃんはなかなか産まれず、困難を極めた。そんな中で医師は女性にもっといきむように要求し、スタッフには女性の腹部を強く押すように指示した。

医師に言われた通りスタッフが腹部を強く押した途端、産道から胎児の頭だけが出てきた。看護師は胎児の頭を手で受けとめたものの、そのまま床へと落としてしまったそうだ。女性の夫は当時の様子を次のように語っている。

「彼らはいきむように妻に何度も言い続けました。そして彼らが妻のお腹を強く押した途端、赤ちゃんの頭だけが出て来て、それを受けとめた看護師が床に落としてしまったんです。彼らはその後、子宮内に残った胎児の身体を取り除くための手術を行いました。」

家族は警察に病院を訴え、亡くなった胎児の遺体は検視してもらうことになった。また妊婦の友人である女性は「分娩室には病院の制服を着た人達が大勢いた」と警察に話しており、多くの目撃者がいたことが分かっている。一方で病院側は、翌日に次のような声明を出した。

「胎児にはいくつかの奇形があり、肩甲難産と呼ばれる稀な合併症を引き起こしました。この合併症を併発すると胎児の頭だけは出てくるものの、身体は子宮内から出てくることはありません。」

妊婦だった女性は現在、お腹の子を亡くしたショックのために入院中とのことだ。妻を気遣う夫は我が子が亡くなった詳しい理由について、伝えることができないままでいるという。

画像は『The Sun 2020年10月19日付「BIRTH HORROR Newborn baby’s decapitated head fell on the floor after it was torn from its body during botched birth in Brazil」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 10/21 5:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • フランシン

    10/22 3:09

    しんどい。ショッキングだ。立ち直って欲しいね。

  • おそらく、搬送された時点で彼女の意識レベルがその決断を行える状態になかったのでしょう。何よりそれが、この不幸な出来事のそもそもの不運なのでしょうね。

  • 帝王切開、ってね。今回の出産でそれをやっちゃうと次の子もそのまた次の子も、兄弟姉妹を何人産むとしても全員を、また帝王切開でとり出さないといけなくなる。記事本文を何度読んでも酷い話だとは思うが、『今回のお子さんは残念だけれど次回のために頑張って。ここで頑張っとけば次回は安産だから。』といった説明があった上で妊婦が決断する、という当然の成り行きであれば特に問題は無かった。

記事の無断転載を禁じます