佐々木希もウットリ!? 渡部建「福祉系資格取得」に介護業界から大ブーイング

拡大画像を見る

 やはり頭がキレる男なだけにどうしてもその先の狙いも邪推されてしまう?

 6月に不貞スキャンダルが発覚し、芸能活動を休止しているアンジャッシュの渡部建が福祉系資格の取得を目指して猛勉強の日々を送っていることを10月14日に発売された「女性自身」が報じている。

 2歳になったばかりの長男とボール遊びに興じる姿がキャッチされるなど、現在は息子に尽くす生活を送っている渡部だが、同誌によれば、家族や仕事関係者への贖罪の気持ちの強さが渡部に芽生え、社会貢献できる介護福祉士やケアマネジャーといった福祉系の資格取得を見据えて勉強しているとのこと。

 そんな渡部の姿に妻の佐々木希もウットリ。「彼は頑張っている」とうれしそうに友人に話すなど、その姿勢に感心しているとのことだが、やはり純粋な社会貢献だけでなく、どうしても違った目的があるように感じざるを得ない。

「昨年の闇営業問題が報じられたロンドンブーツ1号2号の田村亮も、謹慎中に介護施設で勉強し、その後、無事に仕事復帰を果たしています。そのため、渡部としても社会貢献しているポーズを示すことで早期復帰したいという狙いがあることを邪推してしまいますよね。それに渡部の場合は『夜景鑑賞士検定』『高校野球検定』といった資格を取得して芸能界での仕事にも繋げていますし、資格取得のための効率良い勉強法を本人も心得ていることでしょう」(エンタメ誌ライター)

 また、佐々木は好反応を示していた渡部の福祉系取得の動きだが、世間の人々からは「介護の仕事は罰ゲームじゃないんだぞ」「介護の仕事を舐めるなよ」「介護を不祥事の禊に使う芸能界の風潮はどうにかならないの?」といった声が相次ぎ、介護業界の掲示板でも「人手は確かに足りないけど、渡部には福祉系の仕事をしてほしくない」といったコメントが集まり、とにかく大不評だ。

「許された田村も然り、09年に違法薬物がらみの犯罪で逮捕された酒井法子も騒動後、介護の勉強をすることを宣言していました。ただ、酒井の場合は介護の勉強をしていた期間は3年ほどで、以降は女優・歌手業に専念していますから渡部の場合も同様のパターンになるのでは…。それに渡部の場合は不貞現場となったのが多目的トイレであったことから、『介護士なら多目的トイレにも入りやすいからかな?』とイジる声も見受けられていますし、どちらかといえば福祉系の仕事との相性は最悪な気がします」(エンタメ誌ライター)

 介護を芸能界復帰への踏み台に利用しようとする芸能人も多いが、最近では介護職に真剣に取り組むために芸能界を引退した女優の岩佐真悠子のように、それなりの覚悟を持って、介護の世界に飛び込む者がいるのも事実。渡部も福祉系の勉強をするのであれば、せめて酒井よりは本格的に勉強して欲しいところだ。

(田中康)

関連リンク

  • 10/19 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • まあ何やっても復帰は無理だな! AV男優とかお似合いじゃん (((*≧艸≦)ププッ笑笑

  • 玉葱

    10/19 11:56

    一言…。『だろうね』。

記事の無断転載を禁じます