リヴァプールのファン・ダイクが右ひざ手術へ…エヴァートン戦でじん帯損傷

拡大画像を見る

 リヴァプールは18日、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがひざの手術を受けることをクラブ公式サイトで発表した。

 ファン・ダイクは17日に行われたプレミアリーグ第5節のエヴァートン戦に先発出場。同選手は試合開始6分、相手GKと交錯して右ひざを痛め、途中交代となっていた。後にじん帯の損傷が確認され、さらなる検査の結果、手術が必要になることが明らかになったということだ。

 また、現段階では復帰までの具体的な見通しは立っていない。同選手は手術後、クラブのメディカルチームとともにリハビリプログラムを開始し、可能な限り早く復帰できるように努めるとのことだ。

関連リンク

  • 10/19 3:20
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます