飯尾和樹 兵庫知事センチュリー頑丈主張に「ハイエースがおすすめですよ」

拡大画像を見る

 ずん・飯尾和樹が18日、TBS「サンデー・ジャポン」に出演。兵庫県が知事と県議会議長の公用車として、トヨタの高級車「レクサス」から19年8月に最高級車「センチュリー」に変更し、リース代(7年間、2台)が2800万円から4200万円に跳ね上がったことに批判が集まっている問題に、アドバイスを送った。

 番組では井戸敏三知事が「もともと(2012年まで)兵庫県知事の公用車はセンチュリーだった」「兵庫みたいに山あり平野ありで、しかも広大な県土を抱えているところで滅多なことで壊れないような車でないと困る」と反論していることを伝えると、スタジオに失笑が漏れた。

 太田光は「どんだけカーチェイスするんだ」と突っ込み。意見を求められた飯尾は「山あり谷ありの平地。わがロケ隊は、ハイエースがおすすめですよ」と語った。

 共演者らも笑いながら賛同し、飯尾は「スタッフと話し合いもできます。ハイエースが万能です」とおすすめしていた。

関連リンク

  • 10/18 12:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます