亀梨和也はパチスロ!木村拓哉、村上信五…Jおっさんバレた瞬間!!

拡大画像を見る

 10月12日放送の『クイズ!THE違和感』にKAT-TUNの亀梨和也(34)が出演し、過去にパチスロをやっていたことを明かした。

「“違和漢字”という間違った漢字を当てるコーナーがあるのですが、どういうわけかVTRの演出が、パチンコふうになっています。この日は、パチスロ『北斗の拳』を真似た演出があったのですが、ゲストの森七菜(19)は元ネタを理解できず、MCの千鳥のノブ(40)が、それをイジりました。ノブは、その流れで“亀梨くんもあんま(演出の元ネタが)わからなかった?”と尋ねたんです」(テレビ誌記者)

 しかし、ノブの質問に亀梨は「北斗の拳」とうなずいて回答したのだ。

「亀梨は『北斗の拳』の演出がわかる、と言ったわけです。これに千鳥の大悟(40)は“亀梨が!?”と驚き、スロットを打つジェスチャーをしながら“(パチスロを)やってた?”と質問。

 すると亀梨は、“10年以上前ですけど”と過去のことであると強調しつつ、実際にパチスロをやっていたと告白したんです。さらに、『北斗の拳』シリーズの演出であるレインボーオーラも知っている、と明かしていました」(前同)

■意外な趣味に「おっさんからの好感度は上がるぞ!!」

 亀梨の意外すぎる過去に、ネット上では「北斗の拳パチンコ演出が分かる男だったか」といった反応や、「亀梨君いいのか!パチスロやってたの言っていいのか!おっさんからの好感度は上がるぞ!!」「ますます好感度上がった!!一緒に打ちたい」など、好意的な意見も寄せられた。

「亀梨に限らず、ジャニーズには、アイドルらしさとは離れた、“おじさんっぽさ”を感じる姿を見せる人が時折います。木村拓哉(47)もそうですね」(女性誌記者)

 木村は、5月8日にインスタグラムを開設したが、ここに投稿された文章に“オジサン”という反応が寄せられたことがあった。

「木村は、5月13日にの投稿に“こんな時間の過ごし方、久々でしたぁ〜!!(絵文字)”というコメントがあり、冷や汗に笑顔の絵文字を使っていました。この絵文字を使うのが、おじさんっぽいと反応を集めたんです」(前同)

■たかが絵文字でも「中年感隠せてない」

 たしかに、木村には9月20日や同25日の投稿など、冷や汗に笑顔の絵文字を使っているコメントが見られる。

「ネットで“おじさん文章”などと呼ばれる、中高年の男性が使いがちな文章を揶揄することがあります。絵文字や読点の多用、ところどころカタカナにするといった特徴があり、感嘆符、ハート、冷や汗笑顔といった絵文字は、おじさん文章の典型。木村は、その冷や汗笑顔を使うので、おじさんという印象を与えてしまったのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 ツイッターには「あんなにカッコいいのに絵文字のチョイスが中年感隠せてない」「あのキムタクですらも絵文字の使い方はちゃんとおじさんで安心する」といった反応が見られる。

「ネットで話題になりすぎた弊害か、“キムタクからメール来たけど絵文字がおぢさんで笑ってる”と、木村になりすました迷惑メールでも本家のインスタ投稿を踏襲して、おじさん絵文字が使われているとの投稿も見られました。

 この木村の絵文字の使い方は揶揄されてはいるものの、“絵文字の使い方がおじさんで好き”“キムタクのインスタの絵文字にほっこり”と好意的に受け取る人も多い。親しみを感じられるものですし、ぜひこのまま絵文字を使い続けてほしいですよね」(前同)

■昭和の名コンビの名前にどっちらけ!?

 関ジャニ∞の村上信五(38)は、昭和の漫才コンビのトークで場をしらけさせてしまったことがある。

「村上がMCを務める番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の3月2日の放送で、コンサート中に客席を静まり返らせてしまったことがあったと話しました。村上によると、関ジャニ∞のツアーで昼に和歌山、夜に兵庫・西宮で公演を行う日があったといい、夜の西宮公演のMCで和歌山からヘリコプターで移動したとMCで話したそうです」(前出の女性誌記者)

 多忙すぎるアイドルゆえのヘリコプターでの移動。コンサート会場でも、この話で盛り上がったというが、

「村上は“すごいやろ、なんかB&Bの気持ちがわかったわ!”と話し、コンサート会場が静かになってしまったとか。それどころか、このエピソードを話した『月曜から夜ふかし』のスタジオすら静まり返る始末でした。 

 B&Bは1980年代の漫才ブームで絶大な人気を誇っていて、ビートたけし(北野武・73)のツービート以上の人気だったのですが、その後人気、知名度は下降。ボケの島田洋七(70)が書いた『佐賀のがばいばあちゃん』がヒットするトピックはあったものの、コンビ名に反応できるのは漫才ブームを知る人は、今のおじさん世代の人ですよね……」(前同)

■SNS投稿でおっさんバレ

 おじさんのイメージとは程遠い、嵐の松本潤(37)にも、「おっさんやん」と反応が寄せられたことがあった。

「松本は、2019年12月、インスタのストーリーに、富士山を背景に自撮り写真を投稿したのですが、スッピン状態で、松本の顔にはうっすらとひげが浮かんでいました。若々しさは皆無で、“インスタの松潤おっさんすぎやろ”“ただの髭面おっさん”といった反応が、ネット上で集まってしまいました。たまたま良くないライティングや角度で撮られただけだとは思いますが……」(女性誌ライター)

 ただ、ジャニーズアイドルとはいえ、年齢には勝てないというなのかも。

「嵐、関ジャニ∞ら人気グループのメンバーはそろそろ40代。木村にいたっては50代が間近です。人気、知名度の高いアイドルたちの高齢化も言われるようにもなりましたし、こうしたおじさんらしさが感じられるシーンはどんどん増えていくかも知れませんよね」(前同)

 若々しいだけがアイドルじゃない!

関連リンク

  • 10/18 9:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます