渡部建、TV界での仰天「圧倒的評価」と復帰が遠のく“不適切”言動!

拡大画像を見る

 6月11日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、複数の女性との不倫が報じられ、芸能活動を自粛したアンジャッシュの渡部建(48)。表舞台から姿を消して約4か月、10月16日発売の『FRIDAY』(講談社)が渡部の近況を伝えている。

 渡部は、愛犬を連れて散歩をしているところを同誌に直撃された。芸能界への復帰について聞かれると「僕が戻りたくてもねぇ……周りの皆さんがどう思うかですから」と力なくコメント。さらに復帰の予定にも「まったく白紙です。何も決まってないです」と答えたという。

「渡部は、10月13日発売の『女性自身』(光文社)で、介護福祉士やケアマネジャーといった資格取得を見据えて勉強。社会貢献に勤しむ姿を見せて、早期復帰を狙っているのではないか、との報道もありました。ただ、『FRIDAY』のコメントを見る限り、年内の復帰は、渡部自身も諦めているようです」(芸能記者)

■まさかの「待望論」も浮上!?

 渡部は、多目的トイレで不倫相手と密会。さらには、相手女性を“性のはけ口”のように扱っていたなど、スキャンダルの内容があまりにも強烈だった。

「今までクリーンな印象もあった渡部ですが、騒動でイメージは暴落し、地の底に落ちました。ここまで印象が悪いと、今年どころか来年の復帰すら微妙なところではないでしょうか」(前出の芸能記者)

 渡部が表舞台に戻る見通しは暗い。しかし、意外にもテレビマン、とりわけ特番を担当するディレクターやプロデューサーから“復帰待望論”が出ているという。

「バラエティ制作の現場から、“渡部さんが戻ってきてくれないかな……”という声も聞こえてきます。スキャンダル前は、“MC特化型芸人”としての評価が非常に高く、今でも渡部さんの代わりになるような芸人はいないんです。だから、復帰を望む声が出るのもわからなくはないです」(バラエティ番組関係者)

■渡部のすごすぎる「MC力」

 テレビマンは、渡部の何を評価しているのだろうか。

「渡部さんは制作サイドが要求することをすべて、完璧にこなしてくれるんです。台本通りにしっかりやってくれますし、しゃべりもうまくて噛むことがない。それに番組の回しのレベルも一級品です。常に求める“90点”の結果を出してくれると」(前出のバラエティ番組関係者)

 常に90点を取ってくれるなると、たしかに制作サイドからは信頼のおける存在だろう。

「ただ100点を超えるようなことはないと。それは、渡部さん自身で笑いを作らないところ。たとえば、明石家さんまさん(65)のように、自身のアドリブで笑いを作って、場を盛り上げるタイプではない。ただ、渡部さんのすごいところは、どんな番組でMCを任せても90点が出せる。

 たとえば、爆笑問題は、太田光さん(55)の暴走やボケが番組にマッチして、ハマりまくれば120点の司会ぶりを見せてくれる。ただ、うまくフィットしない場合は、60点のときもあります。爆発力では上回っていますが、安定力では渡部さんに軍配が上がります。逆に言うと、渡部さんは安定性が高いぶん、いわるゆ“神回”が生まれることもないのでしょうが」(前同)

■大型特番には超がつくほど向いていた

 渡部は、通常編成の番組だけでなく、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)のような大型特番でも司会を務めていた。

「長時間の特番は、放送日のかなり前からスタッフが徹底的に細部まで練って番組を作るので、通常編成の番組以上に、台本や制作サイドの要求通りにやってほしい。そうなってくると、渡部さんのような人にMCをやってもらうが一番です。渡部さんのMC力の底力が発揮されるのが大型特番、と言えるほど向いているんです」(民放キー局関係者)

 パーフェクトな“特番MC”と言えそうな渡部だが、欠点もあるという。

「渡部さんの唯一の欠点といえば、ギャラの高さですね。MCをお願いした場合は、渡部さんはダウンタウンの次のクラス。実は彼よりもキャリアが長い、東野幸治さん(53)よりも高いと言われています。

 テレビ不況で制作費が削られる中、ギャラが高いタレントは出演を敬遠される傾向にありますが、それでも渡部さんはその仕事のクオリティから、オファーが途切れませんでした」(前同)

■現場の評価とは裏腹に復帰は難しい

 高評価と、一部のテレビマンからの“待望論”。しかし、実際、渡部の早期復帰があるかと言われると、そんな甘くはないようだ。

「現場から復帰を望む声がどれだけ強くても、現実的に渡部さんを戻すのは難しい。というのも、あまりにも衝撃的な不倫報道で世間からのイメージは最悪。そんな人が出る番組にお金を出してくれるスポンサーはないでしょうからね」(前出の民放キー局関係者)

 加えてさらに復帰が遠のきそうな出来事も。ワイドショー関係者は話す。

「復帰のためには、イメージの回復が絶対不可欠ですが、10月16日の『FRIDAY』の直撃取材の最後に、渡部は乾いた笑いを浮かべ、“せいぜい良く書いておいてください”と言い残したと報じられています。

 取材現場の雰囲気は、渡部と記者にしかわからないし、いろいろなやりとりがあった末の最後の言葉なんでしょうが、記事を読む限り皮肉っぽく、非常に嫌味な台詞に見えますよね。たった3か月前には、不倫を報じられた『週刊文春』に登場し、悲痛な表情を浮かべながらひたすら反省していると話していたのに、この変容ぶりかと。些細な一言かもしれませんが、こういうトゲのある言葉が、自身を復帰から遠ざける要因にもなりかねません。“結局、反省してないんじゃないの?”と思われてしまいかねないですからね」

 何気ない一言にもご注意を!

関連リンク

  • 10/18 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 「多目的トイレ」の件は、さすがに写真週刊誌側の誇張があると、実際、地方の観光地等のトイレを、そういう性的趣味趣向を持った人達が、利用した後の惨状を知る者としては、思います。多分、有っても1~2回でしょうし、もし、記事の通りなら、もっと、そういう目的で、そのトイレを利用する人達が、出てきていて、そのビルの清掃や管理の方達の間で、問題になっていたはずです。其が、無いなら、無かったんじゃと思います。

  • いち(

    10/19 8:25

    すっぱ抜いたのもマスコミなんやけどね。

  • モルテン

    10/19 7:44

    ゴシップ誌の記者に対してはコメントに気を使う必要なし。

記事の無断転載を禁じます